Rakuten infoseek

辞書

桑名萬古焼【くわなばんこやき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

桑名萬古焼[陶磁]
くわなばんこやき
東海地方、三重県の地域ブランド。
桑名市で製作されている。江戸時代中期の元文年間(1736年〜1741年)に桑名の沼波弄山によってつくられたのが始まりという。更紗模様の赤絵物が古萬古といわれた。江戸時代後期には、桑名藩主の奨励を受けて萬古焼の再興がはかられ、それを有節萬古と呼んだ。現在の桑名萬古焼は有節萬古を継承したもの。三重県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桑名萬古焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桑名萬古焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.