Rakuten infoseek

辞書

【キリ】

デジタル大辞泉

きり【×桐】
ゴマノハグサ科の落葉高木。高さ約10メートル。樹皮は灰白色。葉は大形の広卵形で長い柄をもち、対生。5月ごろ、紫色の鐘状の花が円錐状に集まって咲く。実は熟すと殻が裂け、翼をもった種子が出る。材は白く、軽くて狂いが少なく、げた・たんすなどに重用。中国の原産。しろぎり。 花=夏 実=秋》
紋所の名。桐の花と葉をかたどったもの。五七の桐五三の桐・唐桐(からぎり)など。
1の材で作るところから》琴。
2を打ってあるところから》大判・小判などの判金。また、金銭。
「籠を出る鳳皇―の光なり」〈柳多留・七一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【桐】[漢字項目]
人名用漢字] [音]トウ(漢) [訓]きり
〈トウ〉木の名。キリ。「桐油梧桐(ごとう)
〈きり(ぎり)〉「青桐
[名のり]ひさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

ゴマノハグサ科キリ属の落葉広葉樹。漢字表記では桐、英語表記では「paulownia」。材の性質としては日本の木材中最も軽く、切削等の加工は容易であるが、その反面、強度は劣る。湿気を通過することが少なく、割れ、狂いが少ない。研磨すれば光沢を出す。 特性を活かして収納用の家具材としてよく用いられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きり【桐】
ゴマノハグサ科の落葉高木。古くから各地で植栽される。葉は長い柄がある大きな広卵形で、軟腺毛を密生。初夏、枝頂に淡紫色の花を多数円錐状につける。材は軽く狂いが少ないので簞笥たんす・琴・下駄などにする。 〔「桐の花」は [季] 夏。《-の花日かげを為すに至らざる/虚子》〕
模様・紋章の一。桐の花や葉を図案化したもの。皇室の紋章。また神紋にも用いられる。五七の桐、五三の桐など。 → 桐の薹
花札で12月にあたる札。
〔胴に桐材を用いるので〕 琴の異名。
〔桐紋の極印ごくいんを打ってあるので〕 大判・小判、また、金銭の異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桐 (キリ)
学名:Paulownia tomentosa
植物。ゴマノハグサ科の落葉高木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きり【桐】
〘名〙
① ゴマノハグサ科の落葉高木。中国原産と考えられ各地で栽植され、ときに野生状態のものもある。高さ一〇メートル、周囲一メートル以上になる。生長は早く、女の子が生まれた時に植えると、嫁に行く時には箪笥(たんす)の用材になるといわれる。また、最初にのびた茎をそのままにしておくよりも、一度もとから切った方がかえってよく生長する。樹皮は灰白色。葉は長柄をもち対生、大形の広卵形で三~五浅裂し、基部は心臓形、長さ二〇~四〇センチメートル、幅一〇~二〇センチメートル、裏面には綿状の毛を密生。初夏、葉に先だって枝先に大形の円錐花序を立て、長さ五~六センチメートルの淡紫色の筒状唇形花を多数つける。果実は長さ約三センチメートルの卵形でかたく、のち二裂して多数の種子を出す。種子は扁平で翼をもち、風に乗って飛散する。材は白色、心材は淡黄色または淡紫色で木目(もくめ)が美しく光沢があり、耐湿・耐乾性に富み、軽いので、箪笥、長持、琴、琵琶(びわ)、下駄、浮木(うき)および書画の容器などを作る。樹皮は染料、葉は除虫薬に用いる。きりのき。はなぎり。ひとはぐさ。ひとはぐわ。
▼きりの実《季・秋》
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「呉公二面、一面、桐、白、在赤紫綾山形、押金銅裁物鳳鸚並雲形縁」
② 紋所の名。桐の花や葉を図案化したもの。五三の桐、五七の桐、光琳桐、桐車、割桐、三つ割桐などの種類がある。
③ (桐材を用いるところから) 琴の異称。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「奥表やかましいはつ桐紫檀」
④ (桐紋が刻印してあるところから) 大判、小判、一分金などの判金の異称。転じて、金(かね)の意にいう。桐の薹(とう)
※雑俳・柳多留‐六七(1815)「分銅と桐で名高き京の寺」
⑤ 三をいう隠語。江戸時代、主として馬方、駕籠舁(かごかき)の符丁として用いられた。
※雑俳・住吉みやげ(1708)「きりがれんまで知ってゐてちゃせんうり」
※評判記・難波鉦(1680)三「太夫を松といひ、天神を梅といふによりて、桐とかこひをいひます」
⑦ (桐が描かれているところから) 花札の一二月に当たる札。また、特に、その内の二〇点札をいうこともある。
※洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)折助冷飯「骸(からだ)を微塵に桐の大引き、流るる血しほは中赤の」
[語誌](1)「万葉‐八一〇」の題詞に「梧桐日本琴一面」とあるので、①は奈良時代以前に渡来して栽培され、琴材などに用いられていたらしい。ただし、これがアオギリ(梧桐)なのか、キリ(白桐)なのかは不明。
(2)鳳凰がこの木に住むといわれ、桐と鳳凰のとり合わせが古くからよく見られる。これは「詩経‐大雅・巻阿」の「鳳皇鳴矣、于彼高岡、梧桐生矣」による。
(3)中国文化の影響で日本漢詩には早くから用いられ、葉を秋の景物として詠む。和歌に詠まれるようになるのは「新古今集」のころで、庭に散り敷いた落ち葉に霰や村雨が降り注ぐという様子を詠んだ歌が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桐の関連情報

他サービスで検索

「桐」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.