Rakuten infoseek

辞書

桐生【キリュウ】

デジタル大辞泉

きりゅう〔きりふ〕【桐生】
群馬県南東部の市。古くからの絹織物の産地で、特に帯地と紋織御召を多く産する。平成17年(2005)6月、新里村、黒保根(くろほね)村を合併したが、両村は旧桐生市から飛び地となっている。人口12.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きりゅう【桐生】
群馬県東部の市。古くから、絹織物を主とする機業都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きりゅう【桐生】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きりゅう きりふ【桐生】
群馬県南東部、足尾山地の南西側のふもと、渡良瀬川の左岸にある地名。桐生氏の城下町から絹織物の市場町となる。繊維工業のほか、機械工業も盛ん。大正一〇年(一九二一)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

桐生
きりゅう
群馬県東部,渡良瀬 (わたらせ) 川沿岸にある都市。絹織物生産地として著名
江戸時代,機業地として急速に発達。18世紀初頭,京都西陣から高級織物技術を導入し,縮緬 (ちりめん) ・絽 (ろ) ・ (しや) などを生産,やがて西陣に迫るまでになった。明治初年,ジャカード・バッタン力織機を採用して生産を進めた。1921年市制施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桐生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.