Rakuten infoseek

辞書

桂川甫粲【かつらがわ ほさん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桂川甫粲 かつらがわ-ほさん
1754-1809* 江戸時代中期-後期の蘭学者,戯作(げさく)者。
宝暦4年生まれ。桂川甫筑(国訓(くにのり))の次男桂川甫周(国瑞(くにあきら))の弟。蘭学にしたしみ,「蛮語箋」などをあらわす。戯作は平賀源内にまなび,洒落(しゃれ)本「真女意題(しんめいだい)」や黄表紙「従夫以来記(それからいらいき)」などをかいた。文化5年12月4日死去。55歳。江戸出身。本名森島中良。字(あざな)は虞臣(やすおみ)。号は桂林,万象亭など。戯号森羅万象など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かつらがわほさん【桂川甫粲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつらがわほさん【桂川甫粲】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつらがわ‐ほさん【桂川甫粲】
江戸後期の、蘭学者、戯作(げさく)者、狂歌師。本姓森島。名は中良。江戸幕府の奥医師桂川家に生まれ、桂川甫周の弟。号は万象亭(まんぞうてい)、森羅亭万象、竹杖為軽など。平賀源内に師事し、洒落本、滑稽本、読本、黄表紙を多数著わし狂歌師としても活躍。著「田舎芝居」「夫従以来記」など。宝暦六頃~文化七年(一七五六頃‐一八一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桂川甫粲
かつらがわほさん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂川甫粲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂川甫粲の関連情報

関連キーワード

しみじみカルル13世ニューカッスル公ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.