Rakuten infoseek

辞書

桂園派【けいえんは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桂園派
けいえんは
江戸時代後期から明治にかけての和歌の一流派。香川景樹とその門流をいう。「調べの説」を主張し,古今風の歌風を尊重した。木下幸文 (たかぶみ) ,熊谷直好八田知紀らはこの派に属する。明治になって,知紀が後進の高崎正風とともに御歌所に用いられたことから,一時,歌壇の主流となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいえん‐は〔ケイヱン‐〕【×桂園派】
香川景樹が興した和歌の流派。古今集を重んじ、調べの説を唱えて、清新平明に歌うことを主張。→伊勢派江戸派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいえんは【桂園派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいえんは【桂園派】
香川景樹を中心とする江戸後期の和歌の一派。和歌を古学への楷梯として考え万葉集を範とする賀茂真淵一門に対し、和歌の文学性を主張し、古今集を宗とした。 → 伊勢派江戸派

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桂園派
けいえんは
香川景樹(かげき)(号、桂園)とその門流をいう。景樹の「調(しらべ)の説」による新歌論と清新優雅な作風は全国に波及し、景樹門人の概数は1000人に達し、熊谷直好(くまがいなおよし)、木下幸文(たかふみ)を双璧(そうへき)として、桃沢夢宅(ももさわむたく)、赤尾可官(あかおよしたか)、菅沼斐雄(すがぬまあやお)、高橋残夢、穂井田忠友(ほいだただとも)、内山真弓(まゆみ)、八田知紀(はったとものり)、渡忠秋(わたりただあき)ら、女流では秋園古香(ひさか)、高畠式部(たかばたけしきぶ)らが活躍し、そのまた門流も育成されて、近世後期の歌壇に大きな勢力を占めた。明治維新後は宮中御歌所(おうたどころ)に八田知紀、渡忠秋が登用され、知紀門下の高崎正風(まさかぜ)が御歌所長に任命され、松波資之(まつなみすけゆき)、黒田清綱、税所敦子(さいしょあつこ)らがこれを助け、御歌所を拠点として桂園派は歌界に君臨した。正岡子規(しき)はこの重圧に反発して、和歌から短歌へと近代化の道を開いた。[兼清正徳]
『兼清正徳著『桂園派歌人群の形成』(1972・史書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいえん‐は ケイヱン‥【桂園派】
〘名〙 和歌の一流派。江戸後期の歌人、香川景樹の創始。賀茂真淵らの万葉風和歌に対して、古今風の歌風を樹立したもの。明治初年まで歌壇の主要勢力となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂園派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂園派の関連情報

他サービスで検索

「桂園派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.