Rakuten infoseek

辞書

桂‐タフト協定【かつらたふときょうてい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

桂‐タフト協定
かつらたふときょうてい
1905年(明治38)7月29日、東京で桂太郎首相とアメリカのタフト陸軍長官との会談で成立した、日露戦争後の韓国(大韓帝国)とフィリピンに関する協定。この会談で、桂はフィリピンに野心をもたぬと確認し、タフトは韓国における日本の保護権の確立が「東洋の平和」に貢献すると認めた。この会談の覚書noteはルーズベルト大統領の追認を得たので、英文では協定と通称されているが、協定としての国際的拘束力をもつかどうかは疑問がある。日本外務省は「桂‐タフト諒解(りょうかい)」と称している。当時は秘密にされ、公表されたのは24年(大正13)である。日本は、この協定と第二次日英同盟で、韓国保護権の設定について英米の承認を取り付けたとして、同年(1905)11月、乙巳(いっし)保護条約を韓国に強制した。[藤村道生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂‐タフト協定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂‐タフト協定の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割竹島問題

他サービスで検索

「桂‐タフト協定」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.