Rakuten infoseek

辞書

格物【カクブツ】

デジタル大辞泉

かく‐ぶつ【格物】
《「礼記大学から》物事道理を窮めただすで、想的な政治を行うための第一段階。以下、致知誠意・正心・修身斉家・治国・平天下に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かくぶつ【格物】
大学知在物。物格而后知至より
宋代以降の儒学で主体の陶冶方法として特に注目された概念。朱子学では「物にいたる」と読み、個々の事物の理を究明してその極に至ろうとすること。窮理。陽明学では「物をただす」と読み、対象に向かう心の働きを正しく発揮すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ぶつ【格物】
〘名〙 (「大学」の「致知在物」から) 窮極の目的である「平天下」にいたる最初の段階。「格物・致知・誠意・正心・修身・斉家・治国・平天下」の順に発展する。朱子によれば、「物にいたる」と訓じ、個々の事物についての道理を徹底的に究明すること。王陽明によれば、「物をただす」と訓じ、対象に向かう心の動きを正しくすること。
※大学要略(1630)上「さてこの知には何より入ぞと云に、『格(カク)物』より始る也」
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「考証挌物(カクブツ)蘊奥を尽さざるなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

格物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

格物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.