Rakuten infoseek

辞書

格付(け)【カクヅケ】

デジタル大辞泉

かく‐づけ【格付(け)】
[名](スル)
価値・地位・資格などによって物や人を分類し、段階をつけること。「一流品に格付けされる」
商品取引所で、標準品に対する他の銘柄の価格差を決めること。
債券の発行条件を決めるために行われる、発行会社のランクづけのこと。債券の信用度を判断する目安となる。一般的には、格付けが高いほど利回りは低くなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

格付
債券について、元利金支払の安全性を、利害関係のない第三者(格付機関)が判定し、アルファベット等の簡単な記号により表示したもの。債券発行体の信用度を示す指標投資家が債券への投資判断を行う上での情報であると同時に、企業等が債券を発行する際の資金コストを左右する指標でもある。

出典:(株)マネーパートナーズ

精選版 日本国語大辞典

かく‐づけ【格付】
〘名〙
① 物事をその価値や能力、資格などに基づいて分類し、該当する地位、身分、等級などの段階を定めること。等級にあてはめること。
※国家公務員法(1947)三一条「いずれかの職級に格付しなければならない」
② 商品取引所において、特定銘柄の標準となる品を定め、これと比較しながら同じ種類の他の品の等級を定めること。
※取引所の資本金営業保証金株式手数料積立金及売買取引の方法に関する規程並仲買人免許料金額(明治二六年)(1893)一三条「米〈略〉綿糸に限り標準物を以て売買契約を為し取引所に於て予め指定する同種品の格付に従ひ代品を以て受渡を為すの方法」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

格付(け)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

格付(け)の関連情報

他サービスで検索

「格付(け)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.