Rakuten infoseek

辞書

【ね】

デジタル大辞泉

こん【根】
物事に飽きずに耐えうる力。気力。根気。「精ももつきはてる」
《〈梵〉indriyaの訳。機関・能力の意》仏語。作用を起こす力。生命活動や感覚の原動力。感覚のもとになる眼・耳・鼻・舌・身を五根、それに思惟を起こさせる意を加えて六根という。

㋐方程式を成立させる未知数の値。
㋑ある数を何乗かした数に対するもとの数。「平方
イオンになりやすい基(き)。硫酸根(SO4)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【根】[漢字項目]
[音]コン(呉)(漢) [訓]
学習漢字]3年
〈コン〉
植物のね。物のねもと。「根茎・根菜/塊根球根草根毛根
物事のもと。「根拠根元根底根本禍根基根病根無根
物事に耐えうる気力。「根気性根(しょうこん)精根
方程式の未知数の値。「実根
仏教で、知覚を生じさせるもと。「六根
〈ね〉「根城根元垣根性根(しょうね)屋根
[名のり]もと
[難読]根扱(ねこ)ぎ根刮(ねこそ)ぎ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【根】
維管束植物の基本器官の一。普通は地中にあって、植物体を支え、水・養分を吸収する。先端に根冠に包まれた生長点があり、根毛をもつ。「植木のがつく」「竹がを張る」
立ったり生えたりしているものの下の部分。「歯の」「髷(まげ)の
物事の基礎・土台。根本。「息のを止める」「思想の
物事の起こるもと。根本原因。「悪のを絶つ」「両国の対立のは深い」
はれ物などの中心になっている堅い部分。「できものの」「魚の目の
本来の性質。生まれつきの性質。「は心のやさしい人だ」
釣りで、海底にある岩礁帯。「魚」
名詞の下に付いて、複合語をつくる。
㋐地に根ざしている、立っている意を表す。「垣」「岩
㋑語調を整えるために用いる。「杵(き)」「島
[下接語]息の根岩根枝根海老(えび)根大(おお)根尾根主(おも)根垣根固根草の根首根心根舌の根性(しょう)根白(しら)根白(しろ)根付け根・這(は)い根・蓮(はす)根羽根・歯の根・鬚(ひげ)根菱(ひし)根棒根細根眉(まゆ)根屋根矢の根横根若根

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

海中にある岩礁。溶岩性のもの、サンゴでできたもの、巨大なもの、人間より小さいものなどなど各種あるが、ダイビングターゲットとなるものをひっくるめてこう呼んでいる。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こん【根】
サンスクリットのインドリヤindriya(元来の味は力)の漢訳。一般にインド哲学では5種の感覚機能または器官(眼,耳,鼻,舌,身)を意味し〈五根〉と総称するが,すでにウパニシャッドの中では身体に宿る生命活動機能の一つとして〈五根〉が列挙されている。インド哲学諸派は五根を物質界(元素)に属するものと考えるが,単なる身体の一部(眼球など)とは区別する傾向が強い。仏教ではこれに意(あらゆる精神活動をつかさどる器官)を加えて〈六根〉とし,さらに広義には六根のほかに煩悩を断ち悟りに導く力(信・勤・念・定・慧の五根)や寿命(命根),男根,女根などを加えて〈二十二根〉ともいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こん【根 radical】
化学用語。化学反応の過程でまとまって行動する原子団を一般にというが,基のうちイオンになりうるものを根ということがある。たとえば,水酸根-OH,硝酸根-NO3,硫酸根-SO4などである。【妹尾 学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ね【根 root】
維管束植物の軸性器官で地下に向かって伸びていく部分。植物体を大地に固定させると同時に,地下から水や養分を吸収する。茎と異なる点は,屈地性(背光性)をもち,先端には根冠があり,内生的に分岐し,内皮にかこまれた放射中心柱があり,表面に毛や鱗片などの付属物をつけることがないなどである。 根の形状は,地上部の性質に比べると,比較的変化が乏しい。これは,多分,地下は環境として比較的安定しているために,植物の進化の過程で,地上部のように多様な変化を経ることがなかったためであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こん【根】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こん【根】
粘り強く一つのことを続ける気力。根気。 「精も-も尽き果てる」
[1] 〘数〙
方程式を成立させる未知数の値。方程式の解。
ある数を何回か掛け合わせた数に対する、そのもとの数。累乗根。
〘化〙 全体としてイオン(特に陰イオン)になっている基。硫酸根 SO42- など。現在はあまり用いない。
〘仏〙 感覚器官など、一定の機能・能力を有するもの。
[句項目] 根を詰める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【根】
維管束植物の基本的な栄養器官の一。普通地中に伸びて、植物体を支持し、水や養分を吸収する。また、物質の貯蔵にも働く。
生えている物、さしてある物の、土・皮膚などの中にはいっている部分。物のもとの方の、他の物にしっかり付いている部分。 「歯の-」 「腫れ物の-」
その結果を導いた原因・理由。もと。 「対立の-は深い」 「二つの事件の-は同じだ」
人の本来の性質。 「 -が明るい」 「 -は良い人なんだが」
髪を一つに束ねて、髷まげの土台とするところ。
釣りなどで、海底の岩礁帯。魚礁。
名詞の下に付いて、複合語をつくる。
地上に立っている、生えている、の意を表す。 「岩-」 「垣-」 「草-」
語調を整えるのに用いる。 「杵-」 「島-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


こん
root
数学用語。解 solutionともいう。方程式 f(x)=0 に対して f(a)=0 となるような a を,この方程式 f(x)=0 の根または解という。また一般に体 K の上の多項式 f(x) において,f(a)=0 であるような aK を,f の根 (または零点) という。それで,f の根 af(x)=0 の解 a というように,「根」と「解」を使い分ける人もあるが,通常は混用する。特に代数方程式に対して,伝統的に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


こん
indriya
一般には,能力,増上,機関という意味であると解される。仏教では6つの感覚器官である眼,耳,鼻,舌,身,意を六根と呼んでいるが,これは,これらの器官が感覚させる能力をもっているところから根と名づけられた。また信も,その増上力 (すぐれた力) によって悟りに向わせようとするから,信根と呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


こん
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。



root
維管束植物の地下器官で,茎や葉とともに主要な器官の一つとなっている。地中に伸びて植物体の地上部を支え,また土壌から水分とこれに溶存する無機物を吸収する。デンプンその他の養分貯蔵の役割を果すものも多い。多くの双子葉植物では,胚の一端である幼根が発芽とともに伸び,生長して主根となり,多数の側根を出し複雑に分枝した根系をつくる。単子葉植物では一般に主根の発達が悪く,茎の基部に多くの不定根がつくられ,いわゆるひげ根となる。根の先端には根冠があり,内部にある生長点を保護している。根は生長点における細胞増殖と,少し離れた部分の細胞伸長により生長するが,この部分では表皮に無数の根毛がつくられ,表面積を増して能率よく水分を吸収する。根はその働きにより貯蔵根,支柱根,呼吸根,付着根,寄生根などいろいろな種類がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん【根】
〘名〙
もと。もとい。はじめ。おこり。ね。根源。起源。淵源。
② (indriya の訳語。能生、増上の義) 仏語。ある働きを起こす力をもったもの。感覚を起こさせる眼・耳・鼻・舌・身を五根、それに思惟を起こさせる意を加えて六根という。
※法華義疏(7C前)一「但衆生宿殖善微、神闇根鈍」
③ (②から転じて) 忍耐力。気力。根気。精力。
洒落本傾城買四十八手(1790)しっぽりとした手「だいいち、こんがわるくなって、一ッぱい呑むとぐっとねるから」
④ 性器。また、男根。
※史記抄(1477)五「隠宮とは男女の根をきりとぢられたる刑人ぞ」
⑤ 方程式を満足させる値。主に一元代数方程式に対していう。解。
平方根、立方根など羃根(べきこん)の総称。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
⑦ 化学反応で分解しないで他の化合物に移ることの多い原子団。基(き)。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【根】
[1] 〘名〙
[一] 高等植物の基本的な器官の一つ。普通は地中にあって、植物体の支持および、水と栄養分の吸収を主な機能とする。一般に先端に根冠と根毛を持つ。通常の働きをするもののほか、水根、気根、呼吸根、同化根、寄生根などの変態根がある。
※古事記(712)下・歌謡「竹の泥(ネ)の 泥(ネ)足る宮 木の泥(ネ)の 泥(ネ)蔓ふ宮」
※後撰(951‐953頃)恋四・八四四「枝もなく人に折らるる女郎花ねをだに残せ植ゑし我がため〈平希世〉」
[二] 物の基礎となり、それを形づくる根本となる部分。ねもと。つけね。
① 生えているものの下部。毛、歯などの生えているもとの部分。
※万葉(8C後)四・五六二「いとま無く人の眉(まよ)(ね)をいたづらに掻かしめつつもあはぬ妹かも」
※あきらめ(1911)〈田村俊子〉七「頭髪の根が痛くって仕様がないよ」
② 立っているものが、地に接する部分。ふもと。すそ。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「譬ば海(うな)の上(うへ)に浮(うか)べる雪の根(ネ)係所(かかること)(な)きが猶し」
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五一「手水鉢(てうづばち)の根に金が埋めて有るから」
③ 髪を束ねて結ぶところ。もとどり。
※洒落本・遊子方言(1770)発端「髪がとんだやぼた。どうぞもう五ぶほど、ねをあげて、はけさきを、すっと、ひっこきとしたい」
④ やじり。
※経覚私要鈔‐嘉吉四年(1444)一月六日「矢三腰、同根一腰」
⑤ できもの、はれものなどの内部の固い部分。
※小右記‐長元五年(1032)一二月二五日「所労熱物口三分許、基底有白物云々。根未出」
※史記抄(1477)一四「腫の根が益ひろごりて」
⑥ 釣りや漁業で、水底にある岩礁などの障害物をいう。
※河羨録(1743頃か)上「根の字もと訓、総て魚は瑰石の陰に宿す、魚の根と云心と云り」
⑦ 地下。→根国(ねのくに)
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「急(すみや)かに底(そこつ)(ネ)の国に適(い)ねといひて」
[三] 裏面にかくされた本性。また、その結果を誘引した原因。
① ことの起こり。起源。もと。根本。原因。根拠。ねもと。
※源氏(1001‐14頃)紅梅「同じ花の名なれど、梅は生ひ出でけむねこそ哀なれ」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「商の心ざしは、根をおさめてふとくもつ事かんようなり」
② 本性。生まれつき。また、心の根本。性根
※井蛙抄(1362‐64頃)六「おのがねの心おとりせられまゐらせじとて、げざんはし候はぬぞ」
※滑稽本・八笑人(1820‐49)四「みんな根が下主(げす)でございますから」
③ 心中にわだかまって、あとまで残るもの。名残り。未練。また、遺恨。
※洒落本・五大力(1802)発端「三五兵衛様が其事を根(ネ)に思って居て」
[2] 〘接尾〙 (名詞に付く)
① 生えている意、地上に立っている意などを添える。「岩ね」「垣ね」「木ね」「草ね」など。
② 語調を整える。「杵(き)ね」「島ね」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

根の関連情報

他サービスで検索

「根」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.