Rakuten infoseek

辞書

根茎【こんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

根茎
こんけい
rhizome
茎の変態の一つ。主として地下または地表面をはうように伸びて,一見のような形をした地中のものはときに貯蔵の組織が発達して (カキツバタアマドコロなど) 塊状となる。タケ,ヨシなどのイネ科植物,ワラビなどのシダ植物で最も発達した形がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こん‐けい【根茎】
根と茎。
地下茎の一。根に似て地中をはい、節から根や芽を出す。ハスタケなどにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんけい【根茎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんけい【根茎】
茎の一形で、根のように見えるものの総称。多くは地中、まれに地表を横にはい、根・茎・葉を出す。タケ・ハス・フキなどに見られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

根茎
こんけい
地下または地表や岩上などを横にはい、一見して根に似た外観を呈する茎。地上に葉を出すかまたは鱗片葉(りんぺんよう)をつけるなどで、外部形態からも根と区別できるし、内部構造を調べれば維管束の配置から明瞭(めいりょう)に識別される。養分を貯蔵して越冬や栄養繁殖に役だつものが多い。ドクダミ、ヒルガオ、アヤメなど被子植物にも例は豊富であるほか、シダ植物にはきわめて普遍的である。ゼンマイなどの地下部は節間(せっかん)が短くて直立するが、習慣上これも根茎とよぶ。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん‐けい【根茎】
〘名〙
① 根と茎。転じて、根本。基礎。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「奇木異草より花菓根茎の類に至る迄名を附し」 〔論衡‐超奇〕
② 植物の茎の特殊形態の一つ。地中を長く横にはい、根のようにみえる茎で、ハス、タケ、多くのシダ類などにみられる。〔植学訳筌(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根茎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

根茎の関連情報

他サービスで検索

「根茎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.