Rakuten infoseek

辞書

核膜【かくまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核膜
かくまく
nuclear membrane
細胞の表面をつくる光学顕微鏡では1層の膜として観察されるが,電子顕微鏡で観察すると内外2層から成る二重膜構造となっており,ところどころに膜孔 (核ともいう) があり,ここを通して核と細胞質との物質交流が行われる。細菌藍藻では染色体はあるが,これを包む核膜はないので,核の形態がはっきりせず,これらの細胞をもつ生物原核生物 procaryote,これに対し通常の核膜をもつものを真核生物 eucaryoteといい,生物群の基本的区別の一つとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐まく【核膜】
細胞内にある、を包み細胞質にある膜。小さな孔が多数ある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

核膜
 真核細胞の核と細胞質を区分する膜.脂質二分子層の膜が二層で形成されており直径50〜80nmの核膜孔とよばれる孔が認められる.この孔を通って核から細胞質へ,細胞質から核へと物質の輸送が行われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かくまく【核膜】
細胞の核物質を包む膜。二重膜構造で、ところどころ小孔が開いており、核と細胞質との間の物質の移動に関与する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐まく【核膜】
〘名〙 細胞の核の外面をおおう二層の薄い膜。細胞質と核との物質交流を行なっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核膜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.