Rakuten infoseek

辞書

核液【かくえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核液
かくえき
karyolymph; nuclear sap
核 (細胞核) の中で,染色質を分散させているゾル状の基質無色透明であるが,酸性色素で染まり,蛋白質リボ核酸 RNAなどを含む。電子顕微鏡観察によると,部に中等度の電子密度を有し,RNAを含むリボソーム様の顆粒も認められる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かくえき【核液】
細胞の核を満たす液状物質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐えき【核液】
〘名〙 細胞の核を満たす液。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核液」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核液の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.