Rakuten infoseek

辞書

核弾頭【かくだんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核弾頭
かくだんとう
nuclear warhead
魚雷,ロケット,ミサイルなど核兵器の部分と推進誘導などの部分を分離できる場合,前者を核弾頭という。砲弾,爆弾のように一体のものでは核弾頭といわない。戦術兵器では核弾頭と HE (普通爆薬) 弾頭とに互換性を有するのが普通である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かくだんとう【核弾頭】
ミサイルの先端部に装着される、核爆発を起こす装置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

核弾頭
かくだんとう
nuclear warhead
現在の核兵器は、爆弾ばかりでなく、各種のミサイル、砲弾、魚雷などの運搬手段によって目標に運ばれる。これらの兵器の核爆発を行う部分を核弾頭という。MIRV(マーブ)(個別誘導複数目標弾頭)とよばれる技術の発達により、現在は1基のミサイルに複数の核弾頭をつけ、それぞれを別の目標に誘導することができる。[服部 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐だんとう【核弾頭】
〘名〙 ミサイルなどの弾頭部に核爆発装置を装着したもの。
※新兵器読本(1959)〈関野英夫〉四「射程が一五〇キロ内外に達し、核弾頭を使用できるナイキー・ハーキュリーズは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐だんとう【核弾頭】
ミサイル・魚雷などの先端に取り付ける核爆発装置。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核弾頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核弾頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.