Rakuten infoseek

辞書

核子【かくし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核子
かくし
nucleon
原子核を構成している陽子中性子総称。陽子と中性子はともにスピン 1/2 でフェルミ統計に従い,質量がほぼ等しい。また,数個の陽子と中性子が強く結合して原子核をつくるとき,陽子と陽子,中性子と中性子,陽子と中性子の間に働く核力はほぼ等しい。陽子は正電荷であるのに対し中性子は電気的に中性であることを除けば,両者は非常によく似ており,しかもβ崩壊によって互いに他に転換するので,陽子と中性子とを1つの粒子の2つの異なる荷電状態と考えるとき,この粒子を核子と呼ぶのである。核子はディラック方程式に従うが,この方程式から予想される値より大きい異常磁気モーメントをもつのは,核子がクォークから成る複合粒子であることによる。核子はバリオンのなかで最も軽く,その反粒子を反核子という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐し【核子】
原子核を構成する素粒子である陽子中性子の総称。ニュークレオン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さな‐ご【核子】
瓜の種子。
米のをふるうときに残る米かす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素粒子事典

核子

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくし【核子 nucleon】
原子核を構成する基本粒子である陽子中性子の総称。陽子と中性子は質量がほぼ等しく,電磁的性質以外はほとんど同じ性質をもち,またπ中間子を放出して互いに移り変わる。したがってこれらは別の粒子ではなく,核子という粒子の二つの状態とみなされる。核子はスピンが1/2,アイソスピンが1/2のフェルミ粒子である。アイソスピン【宮沢 弘成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくし【核子】
原子核を構成する素粒子である陽子と中性子の総称。ともに2分の1単位のスピンをもち、 β - 、 β + 崩壊のときに陽子と中性子とは互いに移り変わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さなご【核子】
瓜のたね。うりざね。
米の粉のかす。粉をふるうとき、篩ふるいに残るもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

核子
かくし
原子核を構成している陽子と中性子をまとめた呼称。原子の中心にある原子核は2種類の粒子、陽子と中性子が集まってできたものである。陽子も中性子もともにスピン1/2で、電子と同様フェルミ‐ディラック統計に従う。したがってこれらの粒子の集合体では、同じ粒子状態には1個の粒子しか入れないというパウリの原理が働く。陽子と中性子の質量はほとんど同じで、電子の質量の約1800倍である。中性子は電気的に中性であるが、陽子は電子の電荷と同じ大きさで符号が反対の正電荷をもつ。陽子と中性子は、電荷以外の性質はほとんど同じで、またそれらの間に働いている相互作用の性質も同じである。そのためこの二つの粒子は、同じ基本実体である核子の二つの状態であるとみなせる。
 核子間に働く力は、それらが集合体になったとき強い結合エネルギーを生み出す。核子間に働く核力は、湯川秀樹(ひでき)が提唱したπ(パイ)中間子をはじめとするさまざまの中間子の交換によるもので、強い相互作用の範疇(はんちゅう)に入る。また、陽子間にはクーロン相互作用が働く。中性子は陽子に比べて、電子の質量の約2倍だけ重いので、エネルギー的に、中性子は電子を放出して陽子に変わりうる。実際、裸の中性子はβ(ベータ)崩壊で陽子に変わる。その平均寿命は約17分である。裸の陽子の他の粒子への崩壊は観測されていない。[池田清美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐し【核子】
〘名〙
果物種子
※狂雲集(15C後)大燈国師三転語曰、朝結眉夕交肩、我何似生云々「素老慈明的伝子、茘支核子嚼何麁」
② 原子核の構成要素。陽子と中性子の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

核子
カクシ
nucleon

原子核の構成要素である陽子中性子をまとめて核子という.陽子は正の電荷をもち,中性子は電荷をもたないが,質量はほぼ等しく(陽子は電子の1836倍,中性子は1838倍),核スピンはともに1/2である.原子核の理論では,陽子と中性子は一つの核子の陽子状態と中性子状態であるとみなし,その区別をアイソスピン(荷電スピンともいう)tの値ζが陽子状態では+1/2,中性子状態では-1/2であるとして取り扱われる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.