Rakuten infoseek

辞書

核分裂連鎖反応【かくぶんれつれんさはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核分裂連鎖反応
かくぶんれつれんさはんのう
nuclear fission chain reaction
ウラン 235などの原子核が次々と連続して核分裂を起こす反応をいう。核分裂を起こすと,平均2~3個程度の中性子が放出される。核分裂物質が十分多量に存在すれば,核分裂で放出された中性子が別の核分裂物質の原子核に衝突して第2の核分裂を起こし,このとき生まれた中性子がさらに第3の核分裂を起こしてと,核分裂反応は継続して起こるようになる。このような過程を核分裂連鎖反応という。原子炉は核分裂連鎖反応が制御されたかたちで起こるようになっている装置である。 (→臨界 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かくぶんれつ‐れんさはんのう〔‐レンサハンオウ〕【核分裂連鎖反応】
外から中性子供給を受けることなく、核分裂反応が連続して起こる現象ウランプルトニウムなどの核分裂性物質は、原子核中性子を1個吸収して核分裂を起こし、2~3個の中性子を放出する。この中性子が他の原子核に吸収されて新たな核分裂を起こす。こうして次々と核分裂が続いて起こる状態。
[補説]原子炉では制御棒で中性子の数を調整することによって、一定の出力が得られるように穏やかに連鎖反応を行わせている。原子爆弾は連鎖反応を急激に起こすことによって瞬時に膨大なエネルギーを発生させる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核分裂連鎖反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核分裂連鎖反応の関連情報

関連キーワード

ウラン(放射性元素)ウラン濃縮ウラン原子炉ガス拡散法レーザー同位体分離法メトン周期連鎖反応核燃料物質ウラン濃縮と核開発

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.