Rakuten infoseek

辞書

校倉【アゼクラ】

デジタル大辞泉

あぜ‐くら【校倉】
三角形・四角形または台形断面をした木材井桁(いげた)に組んで外とした甲倉(こうそう)。叉倉(さそう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぜくら【校倉】
木造の倉の一種。床下を立て,台輪を置いた上に,断面が三角の木材を横にして積みあげて壁面とし,上に敷桁を置いて寄棟造瓦ぶきの屋根を支える形式である(図)。類似の構法の建築が中国,朝鮮,北欧,スイス,旧ソ連邦,北アメリカなど,木材が豊富な地域にみられる。日本では奈良時代には甲倉と呼ばれていた。通常,平面が正方形に近いものと,それを二つ並べ中間をつないだ双甲倉とがあった。倉は壁面が頑丈で,雨仕舞が良く湿気を内部に通しにくいこと,また,乾燥時には壁面からの通風があるという利点から宝物倉として用いられることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あぜくら【校倉】
倉の形式の一。柱を用いず、木材を井桁いげた状に積み重ねて壁を作るもの。甲倉。叉倉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

校倉
あぜくら
壁面が校木(あぜき)で井籠(せいろう)組に積み上げられた倉。一般に高床(たかゆか)とする。校木は三角材または角材の角を平らに削り落として積まれる。古くは甲倉、格倉、叉倉とも記される。正倉院宝庫、唐招提寺(とうしょうだいじ)経蔵・宝蔵など奈良時代の校倉は、正面と側面の校木が段違いに組まれるが、高野山金剛三昧院(さんまいいん)経蔵(鎌倉時代)や厳島(いつくしま)神社宝蔵(室町時代)など中世以降の校倉には、校木が稜(りょう)を各面そろえて組まれるものも現れ、さらに日光東照宮神庫のように江戸時代の校倉では、校木と柱を併用するものもみられる。校木のかわりに丸太材や板材を積み上げた倉は、それぞれ丸木倉、板倉とよばれる。現在、校倉は宝蔵や経蔵として社寺などに残されているが、奈良時代には中央官庁をはじめ国・郡の地方官庁でも、丸木倉や板倉に比べて数は少なく、穀倉として建てられている。なお、校木が乾湿に従って伸縮し、校倉内部の湿度を調節するという俗説は誤りである。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あぜ‐くら【校倉】
〘名〙 (「あぜぐら」とも) 三角の木材を組み合わせて造る校倉造りの建物。上代から中世にかけて、主に倉庫として用いられた。
※二十巻本和名抄(934頃)一〇「倉廩 字附 〈略〉釈名云倉七岡反甲倉〈古不久良〉校倉〈阿世久良〉」
古本説話集(1130頃か)六五「大きなるあぜくらのあるを開けて、物取り出でさするほどに」
[語誌]アゼは「あぜなわ(絡縄・糾縄)」のアゼと同じく、組み合わせる、縒り合わせるという意味の「あざう(糾・叉)」と関係があろう。「叉倉」〔新猿楽記〕、「叉庫」〔元和本下学集〕とも表記される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あぜり‐くら【校倉】
〘名〙 校倉(あぜくら)造りの倉。近世には、俗に「釘無し堂」ともいった。
※俳諧・花月六百韻(1719)花「何かせぐ帆のさはぐ夕照〈釣雪〉 柳葉(やないば)をとり広げたるあぜり蔵〈凌波〉〔注〕あぜり蔵は俗に釘なし堂」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

校倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

校倉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.