Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

校倉造【あぜくらづくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

校倉造
あぜくらづくり
断面が三角形となる横材を井籠 (せいろう) 組に積上げて壁体とした校倉風の建築様式。横材の稜角部が外壁に,平面部が内壁になり,したがって壁体の木口鋸歯状となる。日本では奈良時代から平安時代初期にかけて,国府寺院様式として各地に建築されたが,それ以後は例が少い。奈良時代の遺構として,正倉院宝庫,東大寺本坊経庫,唐招提寺の宝蔵,経蔵などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あぜくら‐づくり【校倉造(り)】
校倉風の建築構造。東大寺正倉院唐招提寺(とうしょうだいじ)の宝蔵・経蔵など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぜくらづくり【校倉造】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あぜくら‐づくり【校倉造】
〘名〙 古代建築様式の一つ。柱を用いないで、断面が台形や三角形の木材を井桁(いげた)に積み上げて、壁にしたもの。奈良時代から平安初期にかけて寺院や官庁の宝庫、倉として多く建てられた。東大寺の正倉院や唐招提寺の宝蔵、経蔵などが有名。甲蔵。叉倉。あぜり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

校倉造
あぜくらづくり
古代,倉庫建築の一様式
高床でを用いず,断面がほぼ三角形の木材を横積みに井桁 (いげた) 組として壁面を構築。組み合わせた三角材が晴雨に応じ膨張・収縮して,室内の湿度が常に平均し,物品の収納保存に適するといわれるが,科学的には認めにくい。東大寺正倉院はその代表作。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

校倉造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

校倉造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.