Rakuten infoseek

辞書

栗島すみ子【くりしますみこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

栗島すみ子
くりしますみこ
[生]1902.3.15. 東京
[没]1987.8.16. 東京
映画女優。本名池田すみ子。日本映画最初のスター女優。主演作品『船頭小唄』 (1922) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くりしま‐すみこ【栗島すみ子】
[1902~1987]映画女優・日本舞踊家。東京の生まれ。本名、池田すみ子。映画「虞美人草(ぐびじんそう)」に出演し、松竹のスターとなる。引退後は日本舞踊に専念。代表作に「生(な)さぬ」「船頭小唄」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

栗島すみ子 くりしま-すみこ
1902-1987 大正-昭和時代の映画女優。
明治35年3月15日生まれ。大正10年松竹蒲田(かまた)にはいり,小谷ヘンリー監督の「虞美人草(ぐびじんそう)」に主演。池田義信監督の「生(な)さぬ仲」「船頭小唄(こうた)」などでスターとなる。12年池田監督と結婚。昭和12年引退後は水木紅仙の名で日本舞踊に専念した。昭和62年8月16日死去。85歳。東京出身。本名は池田すみ子。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くりしますみこ【栗島すみ子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くりしますみこ【栗島すみ子】
1902~1987 映画女優。東京生まれ。本名、池田すみ子。ヘンリー小谷監督の「虞美人草」に主演して人気を集め、以後松竹蒲田撮影所の看板スターとして君臨。代表作「生さぬ仲」「不如帰」「船頭小唄」「水藻の花」「浪子」「受難華」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

栗島すみ子
くりしますみこ
(1902―1987)
映画女優、日本舞踊家。本名池田すみ子。東京生まれ。舞台俳優栗島狭衣(さごろも)の娘で、子供のころから舞台に出演。1921年(大正10)松竹蒲田(かまた)に入社、『虞美人草(ぐびじんそう)』でデビュー、純情可憐(かれん)な容姿が注目され一躍人気スターとなった。映画監督池田義信(よしのぶ)と結婚後も松竹のトップスターとして活躍、1937年(昭和12)の『淑女は何を忘れたか』に出演後引退した。代表作に『山へ帰る』(1921)、『船頭小唄(こうた)』『母』(1923)、『結婚学入門』『麗人』(1930)、『夜ごとの夢』(1933)など。1956年(昭和31)には『流れる』に特別出演した。舞踊家としては、6歳で水木(みずき)流に入門、16歳で水木歌紅の名で名取となり、1954年に東京水木会会長、1963年に水木紅仙と改名、活躍を続けた。[長崎 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗島すみ子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栗島すみ子の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.