Rakuten infoseek

辞書

栄養失調【エイヨウシッチョウ】

デジタル大辞泉

えいよう‐しっちょう〔エイヤウシツテウ〕【栄養失調】
食物の摂取量や各種栄養素不足のため、身体に異常が現れた状態。体重減少・脱力感無気力体温血圧低下徐脈貧血浮腫下痢などがみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

栄養失調
 栄養失調症ジストロフィー異栄養異栄養症栄養不全栄養不良ともいう.栄養素の摂取,栄養素の代謝などの異常.一般に食欲不振,やせ,浮腫,疲労,全身倦怠感,無気力,下痢,低血圧,徐低体温などが見られる.dystrophyという語は,特定器官や組織の栄養不全による縮退にも使う.例えば筋ジストロフィーは筋肉の縮退.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいようしっちょう【栄養失調 dystrophy】
栄養の摂取が慢性的に不十分で,成長・発育や体の維持に必要なカロリー(熱量)および栄養素が欠乏した状態をいう。体重減少,発育障害とともに種々の栄養欠乏症状があらわれる。第2次大戦中および終戦後の食糧事情のきわめて悪かった時代に日本でも多数の人々が栄養失調となり,この言葉が一般に知られるようになった。最近アフリカ中南米東南アジア発展途上国の一部で,極端な食糧不足により多数の人々が飢え,国民の大多数がこの栄養失調の状態におちいっており,深刻な問題となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいようしっちょう【栄養失調】
摂取する栄養素の不足あるいは過剰によって起こるからだの異常状態。むくみ・疲れ・だるさや皮膚が青白くなるなどの症状が出る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいよう‐しっちょう エイヤウシッテウ【栄養失調】
〘名〙 摂取するカロリー、栄養素、特にアミノ酸不足が主原因で起こる身体の異常状態。全身の倦怠感があり、貧血状態になる。脈は遅くなり、呼吸数も減って、下痢を伴うことが多く、皮膚は光沢を失い蒼白となり、むくんだりする。
※深夜の酒宴(1947)〈椎名麟三〉二「栄養失調と云うんだもん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

栄養失調(るいそう)
えいようしっちょう(るいそう)
Malnutrition (Emaciation)
(内分泌系とビタミンの病気)

どんな病気か

 一般的に、標準体重より体重が20%以上減少している場合に、るいそうと診断されますが、過去6カ月以内にもともとの体重から10%以上減った場合も、臨床上問題になります。

原因は何か

 るいそうを起こす原因にはさまざまなものがあります。大きく分けて、①食事摂取量の減少、②消化吸収障害、③栄養素利用障害、④代謝亢進(こうしん)による熱量消費の増大があげられます。

 ①では、アジソン病やシーハン症候群といった内分泌疾患や、神経性食欲不振症、うつ病統合失調症(とうごうしっちょうしょう)といった精神疾患、脳腫瘍(しゅよう)、悪性腫瘍や消耗性疾患(慢性的な炎症性疾患など)、さらには口腔(こうくう)を含めた消化管疾患に伴う食欲低下があげられます。

 ②では慢性の下痢を伴う疾患、消化性潰瘍(かいよう)慢性膵炎(すいえん)、膵腫瘍(WDHA症候群やゾリンジャー・エリソン症候群)、蛋白漏出性(たんぱくろうしゅつせい)胃腸症吸収不良症候群や寄生虫などが認められます。

 また、③は糖尿病、④は甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)といった内分泌の疾患や慢性の感染症などで現れます。

検査と診断・治療

 前に述べたようなさまざまな疾患を念頭に入れて、食欲や食事摂取の有無をはじめとした病状を患者さんから詳しく聞いたのちに、必要な診察や検査を行って迅速に診断を行い、病態に応じた適切な治療を開始します。

菅原 明

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養失調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栄養失調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.