Rakuten infoseek

辞書

栄螺【サザエ】

デジタル大辞泉

さざえ【栄螺/拳螺】
リュウテンサザエ科の巻き貝。北海道南部から南の暖流の影響を受ける岩礁に分布。貝殻は殻高約10センチで厚く、こぶし状をなし、太いとげのような突起をもつものが多い。肉は壺焼きなどで賞味され、春から初夏が旬。さざい。さだえ。 春》「海凪(な)げるしづかさに焼く―かな/蛇笏
茶道具の七種蓋置(しちしゅふたおき)の一。サザエの形をしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さざい【栄螺】
さざえ」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さざい【栄螺】
「さざえ」の転。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだえ【栄螺】
「さざえ」の転。 -棲む瀬戸の/山家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

栄螺 (サザエ)
学名:Batillus cornutus
動物。リュウテンサザエ科の巻き貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さざい【栄螺】
〘名〙
① 「さざえ(栄螺)」の変化した語。
※言継卿記‐天文一五年(1546)三月二〇日「予又内々へ参、ささい数十被下之」
※雑俳・柳多留‐六一(1812)「釜のふた明く日にさざいにへこぼれ」
[補注]子見出しは「さざえ」の項にまとめた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだえ【栄螺】
〘名〙 「さざえ(栄螺)」の変化した語。
※国基集(1102頃)「したたみも鮑さたえも蛤もかきあつめたりみななからみよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄螺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栄螺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.