Rakuten infoseek

辞書

柳生宗矩【やぎゅうむねのり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柳生宗矩
やぎゅうむねのり
[生]元亀2(1571).大和,柳生
[没]正保3(1646).3.26. 江戸
江戸時代初期の剣術家。大和柳生藩主。宗厳 (むねよし) の第8子。母は興原遠江守助豊の娘。初名は新左衛門,又右衛門。文禄3 (1594) 年徳川家康に召されて仕えた。関ヶ原の戦い後,旧領柳生荘を与えられ 2000石を領し,将軍秀忠,家光に新陰流の剣を教授した。大坂の陣でも活躍し,寛永6 (1629) 年3月従五位下但馬守に任じられ,3000石を与えられた。同年大目付となり家光の厚い信頼を得た。同 13年1万石を新封され,大和柳生の大名となり,のち 2500石を加封された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やぎゅう‐むねのり〔やぎふ‐〕【柳生宗矩】
[1571~1646]江戸初期の剣術家。大和の人。宗厳の五男。父とともに徳川家康に仕え、徳川秀忠新陰流伝授徳川家光の信頼があつく、寛永9年(1632)総目付となり、諸大名の監視に当たった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柳生宗矩 やぎゅう-むねのり
1571-1646 江戸時代前期の剣術家,大名。
元亀(げんき)2年生まれ。柳生宗厳(むねよし)の5男。新陰流の技をみとめられて徳川家康につかえる。2代将軍秀忠,3代将軍家光の兵法師範となる。以後柳生家が師範役を世襲。寛永9年初代の大目付,13年大和(奈良県)柳生藩主柳生家初代となった。1万石,のち加増され1万2500石。正保(しょうほ)3年3月26日死去。76歳。通称は又右衛門。但馬守(たじまのかみ)。著作に「兵法家伝書」。
格言など】我人に勝つ道は知らず,我に勝つ道を知りたり

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

柳生宗矩
1571〜1646(元亀2〜正保3)【剣術家】柳生新陰流派を開き、総目付けとして大名に出世。 剣術家。柳生藩主。但馬守。柳生新陰流派の祖。徳川氏に仕え、関が原の戦に従軍、その功で大和国柳生荘2000石を与えられた。剣術指南役として、将軍秀忠・家光に新陰流を伝授。1632年に幕府総目付に就任し、諸国大名の監察にあたり、1万2500石の大名となった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やぎゅうむねのり【柳生宗矩】
1571‐1646(元亀2‐正保3)
江戸初期の兵法家。新陰流剣術の達人で徳川将軍兵法師範。正式には柳生但馬守宗矩,通称又右衛門。父は柳生石舟斎宗厳(むねよし)(1527‐1606)。大和国(奈良県)柳生庄に生まれる。父石舟斎は上泉伊勢守から新陰流の印可を伝授され,柳生に引きこもり柳生新陰流兵法のくふうと完成に精進した(柳生流)。徳川家康の招きを老齢のゆえをもって辞した石舟斎は,五男宗矩を幕下に勧めた。宗矩は江戸で徳川家の兵法師範となり,2代将軍秀忠,3代家光に印可を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やぎゅうむねのり【柳生宗矩】
1571~1646 江戸初期の剣術家。大和柳生藩祖。但馬守。宗厳の子。徳川家康に従い、関ヶ原の戦いに活躍。また、徳川秀忠に柳生新陰流を教授した。1632年総目付。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳生宗矩
やぎゅうむねのり
(1571―1646)
大和(やまと)国(奈良県)柳生藩の祖。江戸初期の代表的な剣術家として知られ、新陰(しんかげ)流江戸柳生家の初代。柳生石舟斎宗巌(せきしゅうさいむねよし)の五男で、初名新左衛門、通称又右衛門(またえもん)、のち但馬守(たじまのかみ)。幼少のころから父宗巌に剣の手ほどきを受けて、その英才を表し、1594年(文禄3)23歳のとき、徳川家康の招きを受けた父に伴われて、京都西郊鷹峯(たかがみね)の陣屋において新陰流を披露し、その技を嘉賞(かしょう)され旗本の士に採用された。関ヶ原の役には石田方の後方牽制(けんせい)の特命を帯して大和地方の豪族工作にあたり、戦後その功によって柳生の旧領2000石を回復し、さらに将軍世子秀忠(ひでただ)の兵法指南を命ぜられて1000石を加増され、やがて新陰柳生流が将軍家の御流儀(ごりゅうぎ)として長く用いられる地歩を築いた。1614年(慶長19)の大坂冬の陣には徳川方の嚮導(きょうどう)役を勤め、続く夏の陣後には千姫(せんひめ)救出に絡む坂崎出羽守成政(さかざきでわのかみなりまさ)の反抗事件を収拾することに成功し、また外様(とざま)大名の伊達政宗(だてまさむね)をはじめ、細川、鍋島(なべしま)、毛利(もうり)などの諸家と親交を結ぶなど、その政治的手腕も高く評価されるようになった。
 1621年(元和7)宗矩50歳、将軍世子家光(いえみつ)の兵法師範を託され、その将軍就任後も引き続き厚い信任を受け、1629年(寛永6)には従(じゅ)五位下但馬守に任じ、さらに加増を受けて高6000石の大身に栄進し、将軍側近の御使番組頭(おつかいばんぐみがしら)のシンボルである「五の字(ごのじ)」の旗指物(はたさしもの)の使用を許された。1632年には総目付(そうめつけ)(後の大目付)に補せられて、諸大名の監察役となった。一方、これを機に鍋島元茂(もとしげ)、細川忠利(ただとし)ら大名門人の協力を得て、新陰柳生の伝授体系の確立を図り、紫衣(しえ)事件で羽州上ノ山(うしゅうかみのやま)に謫居(たっきょ)中の僧沢庵(たくあん)の赦免に尽力し、許されて江戸へ帰着した沢庵の助力を得て、『兵法家伝書(へいほうかでんしょ)』(3巻)を完成させた。その後も御伽衆(おとぎしゅう)として家光の側近にあり、1636年には加増されて総高1万石を領し、大名の列に加えられ、さらに1万2500石に上った。正保(しょうほう)3年3月死去、翌4月破格の従四位下を追贈された。[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やぎゅう‐むねのり【柳生宗矩】
安土桃山時代から江戸初期の武将、剣術家。大和国(奈良県)の人。但馬藩主。宗厳の五男。宗厳に柳生新陰流を学ぶ。徳川家康の兵法師範役となり、関ケ原の戦の際、上方勢の後方の攪乱に活躍した。のち二代将軍秀忠、三代将軍家光の兵法師範もつとめた。著に「兵法家伝書」。元亀二~正保三年(一五七一━一六四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳生宗矩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳生宗矩の関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バル高山右近一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡災害派遣医療チーム(DMAT)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.