Rakuten infoseek

辞書

柳沢吉保【やなぎさわ よしやす】

美術人名辞典

柳沢吉保
江戸前・中期老中。名は保明・房安、通称主悦・弥太郎、号は保山。安忠の子。吉里の父。徳川綱吉小姓から川越藩七万石、老中上座、松平の姓を与えられ美濃守吉保となり、甲府藩十五万石を領する。学問の奨励荻生徂徠登用文治政治推進者として評価される。正徳4年(1714)歿、57才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

やなぎさわ‐よしやす〔やなぎさは‐〕【柳沢吉保】
[1659~1714]江戸中期の大名徳川綱吉側用人となり、やがて老中格から大老格となって甲府15万石を領した。文治政策を推進したが、綱吉の失政の責任を一身に負わされ、綱吉死後隠棲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柳沢吉保 やなぎさわ-よしやす
1659*-1714 江戸時代前期-中期の大名。
万治(まんじ)元年12月18日生まれ。柳沢安忠の子。5代将軍徳川綱吉の小納戸(こなんど)役から元禄(げんろく)元年側用人(そばようにん),7年武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主となり老中格にすすみ,14年松平姓をゆるされる。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)らを登用し文治政治を推進。宝永元年15万石余に加増され,甲斐(かい)(山梨県)府中藩主柳沢家初代となる。6年綱吉没後に隠居。正徳(しょうとく)4年11月2日死去。57歳。初名は房安,保明(やすあきら)。通称は弥太郎。号は保山,元養。著作に「常応録」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

柳沢吉保
1658〜1714(万治元〜正徳4)【側用人】五代綱吉の寵愛を一身に受け、破格の出世を遂げた側用人。 将軍綱吉の側近。綱吉が将軍就任以前の上野国館林藩主の頃から綱吉に仕えた。綱吉が将軍となって幕臣となってからは、数度の加増と昇進で、500石余りから15万石を超える大名に異例の出世を遂げた。老中上座として幕府最高権力者となり、元禄時代の幕政を主導した。松平姓と綱吉の一字を賜り、松平吉保と改名するなど、将軍のあまりの寵愛に様々な憶測も流れたが、川越藩主としての評判もよく、実直な人柄だったという。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やなぎさわよしやす【柳沢吉保】
1658‐1714(万治1‐正徳4)
江戸幕府5代将軍徳川綱吉の寵臣。初名房安,保明(やすあきら),通称弥太郎。父安忠は館林藩時代の綱吉に仕え,勘定頭を務め,知行高160石と蔵米370俵を受けた。保明は1675年(延宝3)相続,綱吉の小姓を務め,80年綱吉の将軍就任に従って幕臣に加えられ,小納戸となった。その後頻繁に昇進,加増を受け,85年(貞享2)従五位下出羽守に叙任。88年(元禄1)側用人に昇り,1万2000石の大名となる。90年従四位下に昇進,2万石加増。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やなぎさわよしやす【柳沢吉保】
1658~1714 江戸中期の老中。将軍綱吉の信を得て、側用人そばようにんとして幕政を掌握、文治政治を推進。川越藩七万石、ついで甲府藩一五万石に封。綱吉の死後は隠棲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柳沢吉保
やなぎさわよしやす
[生]万治1(1658).江戸
[没]正徳4(1714).11.2. 江戸
江戸幕府5代将軍徳川綱吉の寵臣。老中。甲府藩主。刑部 (おさかべ) 左衛門安忠の5男。初め房安,のち保明,吉保と改名。通称は主税,弥太郎。父が当時上野国,館林藩主であった綱吉に仕え勘定頭をつとめていたので,吉保も年少から小姓組に入った。延宝8 (1680) 年綱吉が将軍として江戸城西の丸に入ると供奉して小納戸役となり,元禄1 (88) 年には側用人として万石の列に入った。綱吉の意をよく解し側近としての能力もあったので,威権は老中をしのぐほどであった。同7年老中格,同 11年老中上座を与えられた。学問を好み,禅にも明るく,世にいわれるような陰謀家,野心家ではなく,謹直誠実な性格であったらしい。幕閣においては政治上の卓越した経綸や施策を残してはいないが,荻生徂徠を 500石で召しかかえるなど儒者を好遇した。側室の霊樹院染子,正親町町子はともに才媛で,町子の『松陰日記』は名作として知られている。宝永1 (1704) 年甲府に移封し 15万石を領したが,綱吉の死後は致仕して安泰をはかり,江戸駒込の六義園 (りくぎえん) に隠棲した。子の吉里はのちに大和郡山 15万1千石を領した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳沢吉保
やなぎさわよしやす
(1658―1714)
江戸幕府5代将軍徳川綱吉(つなよし)側近の寵臣(ちょうしん)。初名房安(ふさやす)、保明(やすあきら)、通称弥太郎(やたろう)。柳沢氏は甲州武田の旧臣、武田勝頼(かつより)滅亡ののち徳川氏に仕えた。保明の父安忠は駿河大納言(するがだいなごん)忠長(ただなが)付きとなり、忠長改易により一時浪人したが、ほどなく館林(たてばやし)藩主時代の綱吉に仕え、同藩の勘定頭(かんじょうがしら)を勤め、知行(ちぎょう)高160石と蔵米370俵を受けた。保明は1675年(延宝3)相続、綱吉の小姓(こしょう)を勤め、80年綱吉の将軍就任に従って幕臣に加えられ、小納戸(こなんど)となった。その後頻繁に昇進・加増を受け、85年(貞享2)従(じゅ)五位下出羽守(でわのかみ)に叙任。88年(元禄1)側用人(そばようにん)に昇り、1万2000石余の大名となる。90年従四位下に昇進、2万石加増。94年侍従に昇進、武蔵(むさし)(埼玉県)川越城主として7万2000石を領し、老中格となる。98年老中より上格の左近衛権少将(さこんえのごんのしょうしょう)に昇任。1701年(元禄14)には松平の家号を許されるとともに、綱吉の偏諱(へんき)を賜って、保明は吉保、その子安貞(やすさだ)は吉里と改名した。04年(宝永1)には従来徳川一門にしか与えられたことがない甲斐(かい)国(山梨県)15万石余に封ぜられ、甲府城主となったが、09年綱吉が死去し、その甥家宣(いえのぶ)が6代将軍に就任すると、吉保は隠居して保山元養と号し、正徳(しょうとく)4年11月2日駒込(こまごめ)の別荘六義園(りくぎえん)で死去した。甲斐山梨郡の永慶寺に葬り、のち同郡恵林(えりん)寺に改葬した。
 吉保の著しい栄進は将軍綱吉の異常なまでの寵愛(ちょうあい)によるものであったから、吉保は悪辣(あくらつ)な策謀家であったとの風評が広く流布しているが、彼はさほどの悪人ではなく、また天下の政治を左右するほどの手腕家でもなかった。むしろ愚直なほど誠実に綱吉の意に従った側近であり、なまじの才気のなかったことが、かえって気まぐれな将軍に長く奉仕しえたゆえんであろう。ただし、藩主としてはかなり施政に心がけ、領民に慕われていたらしい。また学問・教養の面では、綱吉の好学に迎合したとみられる点もあるが、家中に荻生徂徠(おぎゅうそらい)など優れた学者を召し抱え、和学では北村季吟(きぎん)について古今伝授を受け、詩歌のたしなみもあった。1677年(延宝5)20歳のとき竺道祖梵(じくどうそぼん)について参禅して以来、多くの禅僧によって工夫(くふう)を重ね、95年万福寺5世高泉性(こうせんしょうとん)から印可を受けた。その問答録を徂徠らに編纂(へんさん)させ、霊元(れいげん)法皇から勅題と序文を賜ったのが『勅賜護法常応録鈔(しょう)』である。[辻 達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

柳沢吉保 (やなぎさわよしやす)
生年月日:1658年12月8日
江戸時代前期;中期の大名;老中上座(大老格)
1714年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やなぎさわ‐よしやす【柳沢吉保】
江戸前期の老中。甲府藩主。綱吉が館林侯であった時から仕え、将軍となると小納戸、側用人となって活躍し、自邸に将軍の来臨をたびたび仰いだ。川越城主から甲府一五万石に栄進。綱吉の生母の信用をも得、儒者荻生徂徠、細井広沢らの知識を活用して元祿時代の文治政治の推進を行なった。万治元~正徳四年(一六五八‐一七一四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳沢吉保」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳沢吉保の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.