Rakuten infoseek

辞書

柳原極堂【やなぎはら きょくどう】

美術人名辞典

柳原極堂
俳人。愛媛県松山生。名は慶応。「ホトトギス」を創刊。また「鶏頭」を創刊・主宰し、同郷の正岡子規句碑及び子規堂を建立し文献の蒐集に尽力した。松山市名誉市民・愛媛県名誉県民。昭和32年(1957)歿、90才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柳原極堂 やなぎはら-きょくどう
1867-1957 明治-昭和時代の俳人,新聞人。
慶応3年2月11日生まれ。正岡子規にまなび,明治30年郷里の松山で「ほとゝぎす」を創刊,翌年同誌を高浜虚子にゆだねる。伊予日日新聞社長などをつとめたのち上京,昭和7年「鶏頭」を創刊,主宰。17年帰郷し,子規の研究と顕彰に専心した。昭和32年10月7日死去。90歳。本名は正之。著作に「友人子規」,句集に「草雲雀」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柳原極堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳原極堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.