Rakuten infoseek

辞書

柘榴石【ざくろいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柘榴石
ざくろいし
garnet
(Al,Fe3+)2(Mg,Fe2+,Mn,Ca)3Si3O12 。等軸晶系のケイ酸塩鉱物。名称は色や形がザクロの果実に似ていることからザクロのラテン名 granatusに由来,ガーネットともいう。透明なものは宝石として用いられる。天然に産するおもなものは,パイロープスペサルチン,アルマンジン (鉄礬柘榴石〈てつばんざくろいし〉) ,グロシュラ,アンドラダイト Ca3(Fe3+)2(SiO4)3 ,ウバロバイト Ca3Cr2(SiO4)3 の6成分を端成分とする固溶体と考えられる。グロシュラの Si4+ が抜けて,その代りに荷電を中和するように4つの O2- が4つの OH- に置換された柘榴石があり,この系列をハイドログロシュラという。パイロープは高圧鉱物で,たとえば 100℃以上の温度では 7000気圧以上の圧力下でないと安定でない。グロシュラの無水結晶を合成するには,固相の圧力が水の分圧に等しい条件下では,780℃以上の温度で 1.5万気圧以上の圧力が必要であり,これより低い温度と圧力ではハイドログロシュラが生じるといわれている。広域変成岩,接触変成岩など変成鉱物として広く産するほか,ケイ長質の火成岩中にも産する。1月の誕生石。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柘榴石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柘榴石の関連情報

関連キーワード

セラドン石(データノート)藍閃石(データノート)鉄カルボニルエモンス石青写真緑レン石(緑簾石)普通角閃石(データノート)コキンボ石硫酸鉄(Ⅱ)線量計

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.