Rakuten infoseek

辞書

染織【せんしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

染織
せんしょく
英語のテキスタイル textileの訳語で,を染めることと織ること,また,その製品 (編んだ物,組んだ物を含む) をいう。染めの技術には捺染浸染およびその折衷式のものから,絞りや臈纈 (ろうけち) などのように手工芸的なものもある。繊維,染料多様化に伴って,機械化された大規模な工業生産が行われる一方,手工芸的なものもなおかなり生産されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐しょく【染織】
布を染めることと織ること。染め物と織り物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしょく【染織】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんしょく【染織】
( 名 ) スル
染めることと織ること。染め物と織物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

染織
せんしょく
染物と織物との合成した用語である。これを逆にして織染とすることがあるが、これは中国の官司制のなかに織染(しょくせん)局という部局が存在したことによるが、明治以後は、この用語はあまり使用されることなく、染織とすることが多くなった。ただ織物のなかに「染色」を含めること、あるいは染色のなかに「織物」を含めることがあり、これらはどちらに重点を置くか、染作家・織作家などの区分により異なっていることがある。また東洋の染織では編物の分野を欠いているので、繊維でつくられた「繊維工芸」とするよりも範囲が狭く、正確にはテキスタイルtextileの訳語とすることは不適当である。その繊維からの加工工程からみると、織物として完成された段階までのものをさし、裁断・縫製(ほうせい)を経て着用性をもたせた服飾としての完成した段階までを含めないのが普通である。つまり織物としての中間製品の段階までのものをさし、白生地を除いて、「染」と「織」のいずれにも重点が置かれることなく、両技法が融合して表現されることになる。[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐しょく【染織】
〘名〙 布を染めることと織ること。
※丸善と三越(1920)〈寺田寅彦〉「染織の色彩や図案に対しては多少の興味がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

染織の関連情報

関連キーワード

IWTOテキスタイル・デザイナー服飾文化学会日本繊維機械学会日本繊維製品消費科学会新内外綿住江織物日本毛織ヤマヨテクスタイル深喜毛織

他サービスで検索

「染織」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.