Rakuten infoseek

辞書

柄井川柳【からいせんりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柄井川柳
からいせんりゅう
[生]享保3(1718).江戸
[没]寛政2(1790).9.23. 江戸
江戸時代中期の前句付点者 (まえくづけてんじゃ) 。名,正道。通称,八右衛門。代々江戸浅草新堀端の名主。宝暦7 (1757) 年初めて万句合 (まんくあわせ) の点者となった。それ以前の経歴は未詳で俳人であったともいわれる。江戸の前句付点者のうち,時代性を察する早さ,選句の公平さと巧みさにより人気を得,以後 33年間にわたって江戸前句付点者の首位に立ち,230万句もの投句を集めた。その人気のゆえに,川柳の選句を特に川柳点と称した。自身の句はほとんど残っていない。明和2 (65) 年その選句のなかから前句付作者呉陵軒可有 (ごりょうけんあるべし) が 756選び,前句抜きで『柳多留 (やなぎだる) 』として出版,いわゆる川柳というジャンルが確立した。柄井川柳の選句を収めた『柳多留』は 24編出版され,後継者に引継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

からい‐せんりゅう〔からゐセンリウ〕【柄井川柳】
[1718~1790]江戸中期の前句付け点者。江戸の人。名は正通。通称八右衛門別号無名庵。その選句を川柳点とよび、付句が独立して川柳とよばれるに至った。宝暦7年(1757)、「万句合(まんくあわせ)」を刊行、のち、その中から佳句を選んで「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」を出版。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柄井川柳 からい-せんりゅう
1718-1790 江戸時代中期の前句付(まえくづけ)点者。
享保(きょうほう)3年生まれ。江戸浅草竜宝寺門前の名主をつとめるかたわら,宝暦7年初の万句合(まんくあわせ)を興行。明和2年付句(つけく)を抜粋した句集「柳多留(やなぎだる)」が人気を得,付句は短詩として独立し,点者の俳号から,のちに川柳とよばれた。寛政2年9月23日死去。73歳。名は正道。通称は八右衛門。別号に緑亭,無名庵。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

からいせんりゅう【柄井川柳】
1718‐90(享保3‐寛政2)
江戸中期の前句付専門点者。名は正通。幼名勇之助。通称八右衛門。緑亭,無名庵と号す。浅草新堀端に住む。38歳で竜宝寺門前町などの名主を継ぎ,1757年に前句付点者となり,山手を中心地盤に,1~7月を休み,毎年8月から年末まで月並み興行。都会的俳諧的な句を採って人気を得,明和(1764‐72)中には江戸の第一人者となったが,安永(1772‐81)以後は狂歌に押され下降気味であった。なお,この定例会のほか,休会中も,角力会や組連主催の五の日興行の〈五五(ごご)の会〉のもしたが,彼の名を高めたのは高点付句集《柳多留》であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

からいせんりゅう【柄井川柳】
1718~1790 江戸中期の前句付け点者。本名、正通。江戸浅草の名主。前句付け点者として圧倒的人気を得、川柳の名が前句付けの名称となった。川柳号は初代以後一五代まで続く。編「誹風柳多留」 → 川柳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柄井川柳
からいせんりゅう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からい‐せんりゅう【柄井川柳】
江戸中期の雑俳の点者。通称、八右衛門。江戸浅草龍宝寺門前町の名主。雑俳の点者となり万句合を始めたのは宝暦七年(一七五七)、四〇歳の時で、以後前句付の点者として評判をとり、その選句を川柳点、また、川柳と呼ぶ。明和二年(一七六五)、川柳評万句合の中から佳句を抜いた「誹風柳多留」を出版、生前に二三編に及ぶ。享保三~寛政二年(一七一八‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柄井川柳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柄井川柳の関連情報

関連キーワード

安保理決議1695と1718宮津国連安保理決議と議長声明カール[12世]カールカルル12世カルル12世核実験と制裁伊勢貞丈外郎売り

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.