Rakuten infoseek

辞書

枳実【キジツ】

デジタル大辞泉

き‐じつ【×枳実】
ミカン・ダイダイナツミカンの未熟果実を乾燥させたもの。漢方で、健胃胸痛腹痛鎮咳(ちんがい)・去痰(きょたん)などに薬用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

きじつ【枳実】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科ダイダイの未熟な果実を乾燥したもの。ミカンナツミカンといった類似植物も用いる。採取時期をやや遅らせたものを枳殻(きこく)ともいい、効能は基本的に同じ。自律神経を整える、健胃去痰(きょたん)心機能促進などの作用がある。不眠症自律神経失調症に効く温胆湯(うんたんとう)胃炎更年期障害に効く五積散(ごしゃくさん)便秘、便秘にともなう痔(じ)に効く麻子仁丸(ましにんがん)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きじつ【枳実】
生薬の一。ダイダイ・ナツミカン・ミカンなどの未熟果実を乾燥したもので、健胃薬に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

枳実
きじつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枳実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枳実の関連情報

他サービスで検索

「枳実」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.