Rakuten infoseek

辞書

枝打ち【エダウチ】

デジタル大辞泉

えだ‐うち【枝打ち】
[名](スル)下枝や枯れ枝を切り落とすこと。植林してある杉などで、節のない良質の材を得るために行う。えだおろし。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林業関連用語

枝打ち
林木の健全な成長と節のない良材を作るために、計画的に一部分下枝を切り取る作業をいう。

出典:農林水産省

農林水産関係用語集

枝打ち
林内の光環境の改善、良好な景観保持及び優良材の生産等を図るために、樹木の枝を落とす作業。

出典:農林水産省

盆栽用語集

枝打ち
枝付き」のページをご覧ください

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えだうち【枝打ち pruning】
木の下枝を切り落とす作業で育林作業の一工程。(ふし)を少なく,の太さが先のほうまでなるべく変わらないように育てるため,林業では枝打ちを計画的に行う。林の中で光が十分に当たらなくなった下枝は,葉の光合成能力が減り,幹の生長に役立たなくなるだけでなく,自らの生長も衰えてやがて枯れる。枯枝の根元はいわゆる〈死節(しにぶし)〉となり木材の欠点となるので,枯れる前に切り落とすことが望ましい。生長休止期に,枝の付け根の幹を傷つけない程度に根元近くから切り落とすと,次の生長期に切口のまわりの形成層からの癒合組織による巻込みが始まる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

えだうち【枝打ち】
( 名 ) スル
発育を促したり、節のないよい材を得るために樹木の下枝を切りはらうこと。枝下ろし。 「庭木を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

枝打ち
えだうち
節のない良質の建築用材をつくるため、立木(りゅうぼく)の枯れ枝や生枝の一部を幹の付け根付近で切り落とすこと。樹木の成長休止期に、樹皮をはいだり幹を傷つけたりしないようにしながら、鉈(なた)や鋸(のこぎり)、斧(おの)などで行う。枝の打ち跡を早く巻き込むように、できるだけ幹に接して切り落とすとよい。林が成長すると枝葉が茂り合って陽光を遮り、下の枝は光が不足して枯れてくる。枯れ枝や下の生枝をそのままつけておくと節の多い材ができる。節の少ない製材用材をつくるには、これらの枝を若いときからしばしば取り除く必要がある。また生枝を上のほうまで強く枝打ちすると、幹の元と末との太さの差が少ない材をつくることができる。良質の建築用材を生産するためには枝打ちは不可欠な技術とされるが、経費もかさむので、樹種や生産の目的により計画的に行う必要がある。枝打ちは、山火事や病虫害発生の予防にも役だつとともに、林内を明るくして下層植生を豊かにし、林地保全にもプラス効果をもたらす。またスギやヒノキについては花粉症対策の一助にもなる。[蜂屋欣二・藤森隆郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枝打ち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枝打ちの関連情報

他サービスで検索

「枝打ち」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.