Rakuten infoseek

辞書

【カ】

デジタル大辞泉

か〔クワ〕【果】
[名]
《〈梵〉phalaの訳》仏語。
㋐原因から生じた結果。⇔
㋑過去の行為から生じた結果。報い。⇔
㋒仏道修行によって得た悟りの境地。
木の実。くだもの。
[接尾]助数詞。くだものを数えるのに用いる。「柿(かき)一

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【果】[漢字項目]
[音](クヮ)(呉)(漢) [訓]はたす はてる はて
学習漢字]4年
木の実。「果実果樹果汁果糖果肉結果堅果青果摘果落果
原因があって生じるもの。「果報悪果因果(いんが)結果効果成果戦果
仏教の悟りの境地。「仏果
思い切ってする。「果敢果断
予想どおり。はたして。「果然
[名のり]あきら・はた・まさる
[難読]無花果(いちじく)果物(くだもの)果敢(はか)ない

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

か【果】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

か【果】
[1] ( 名 )
原因・因縁によって生じたもの。結果。むくい。 ⇔
修行の結果として得られる悟り。 「此行を以て-を得たる時も/正法眼蔵」
木の実。くだもの。 「此種子を長ぜざれといはねども、必ず其の-を得るが如し/沙石 2
( 接尾 )
助数詞。くだもの類を数えるのに用いる。 「大なる梨子、柿…一二-を食つるに/今昔 13

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお・せる おほせる【果】
〘他サ下一〙 おほ・す 〘他サ下二〙 (動詞の連用形について) その動作をすっかりやり終える。また、みごとにやりとげる。果たす。とげる。
※落窪(10C後)一「いとよし。よく縫ひおほせたり」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「一生中で尤も大切な時、能く今の境界を渡り課(オホ)せれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クヮ【果】
[1] 〘名〙
① 果のこと。くだもの
※梵舜本沙石集(1283)二「譬ば長者の田に種子を蒔、水をひき、時に随て、つくろひて後、此種子を長ぜざれといはねども、必ず其果を得るが如し」 〔周礼‐地官・場人〕
② 物事の結果。また、善悪の行ないに応じて受ける報い。果報。⇔
今昔(1120頃か)三「罪を作れば定(さだめ)て果を感ずる也」 〔徐陵‐東陽双林寺傅大士碑〕
③ 仏教の真理を悟ること。悟りの境地。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)三「勒(つとめ)の果(クヮ)に至るものは、少女なれ共心至り」
④ 勇気があること。
※性霊集‐三(835頃)贈伴按察平章事赴陸府詩「君智而謀、果而恵」
⑤ 石・斛(こく)の異称。
※経覚私要鈔‐嘉吉三年(1443)六月九日「布施事多田色々歎申、廿果銭沙汰、今十果事、来秋可沙汰之由捧請文了」
[2] 〘接尾〙 くだもの類を数えるのに用いる語。
※今昔(1120頃か)一三「大なる梨子・柿〈略〉一二果を食つるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はかし【果】
〘形シク〙 はかばかしい。
※漢書列伝綿景抄(1467頃)「はかしうも無事を本にするぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた・す【果】
〘他サ五(四)〙
[一]
① なしとげる。目的を達する。きまりをつける。
※書紀(720)武烈即位前・歌謡「大太刀を 垂れ佩(は)き立ちて 抜かずとも 末婆陀志(ハタシ)ても 逢はむとぞ思ふ」
※徒然草(1331頃)五二「年比思ひつること、はたし侍りぬ」
② 神仏への願い事がかない、願ほどきのお礼参りをする。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「住吉の御願かつがつはたし給はむとて」
③ 結果を得る。物事を終える。事を収める。
※風姿花伝(1400‐02頃)七「しかれば、稽古する所の因疎かなれば、果を果す事も難し」
④ 命を終わらせる。殺す。
※玉塵抄(1563)一七「周の成王の紂をはたされた時にたすけられたぞ」
[二] 動詞の連用形に付けて補助動詞として用いる。すっかり…し終える。…し尽くす。
※日葡辞書(1603‐04)「ヨミ fatasu(ハタス)。〈略〉カキ fatasu(ハタス)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は・つ【果】
〘自タ下二〙 ⇒はてる(果)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はて【果】
〘名〙 (動詞「はてる(果)」の連用形の名詞化)
① はてること。物事の終わり。しまい。末。最終。最後。
※貫之集(945頃)一〇「いろみえでゆきつもりたる身のはてやつひにけぬべきやまひなるらん」
※洒落本・初葉南志(1780)「追付(おしつけ)(りょう)芝居が果(ハテ)でござりませうが」
② 人の死後の忌(いみ)や喪の終わり。また、その時に行なう仏事。四十九日、また一周忌。
※大和(947‐957頃)九「桃園兵部卿宮うせ給て、御はて九月つごもりにしたまひけるに」
③ いちばんはしの所。
※古今六帖(976‐987頃)五「東路のみちのはてなる常陸帯のかごとばかりもあひみてし哉」
④ 人の境遇の最後に行きついたところ。ふつう悪くなった場合にいう。おちぶれはてた姿。末路。なれのはて。
※史記抄(1477)五「太后は、邯鄲の傾城のはてぢゃほどに、不調で淫乱なぞ」
⑤ 一年の最後の月。一二月。はての月。
※俳諧・俳諧勧進牒(1691)「果の朔日(ついたち)の朝から 節季候の来れば風雅も師走哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は・てる【果】
〘自タ下一〙 は・つ 〘自タ下二〙
[一]
① 限界に行きつく。終わる。終わりになる。
※万葉(8C後)一〇・一八四三「昨日こそ年は極(はて)しか春霞かすがの山にはやたちにけり」
※抱擁(1973)〈瀬戸内晴美〉四「儀式がはてたのか、禽めいた顔の老人たちがぞろぞろと後につづいていた」
② なくなる。失(う)せる。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫は、〈略〉つみの限はてぬればかくむかふる」
③ 死ぬ。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「ともし火などの消え入るやうにてはて給ひぬれば」
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)五「此ままは果(ハテ)ぬといふて三度首をさげて」
[二] 動詞の連用形に付けて。補助動詞として用いる。すっかり…する。…し終わる。完全に…してしまう。「あきれはてる」「こまりはてる」など。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「ものまゐりなどする程に、わがめとしりはて給ぬ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「ともかくもならむを御覧じはてむとおぼしめすに」
[語誌](1)類義語として「おわる」があげられる。基本的には、「おわる」が継続中の動作・作用の終止を原義とするのに対して、「はてる」は限定された物・期間などが、その終局に到達することを原義とするという違いがある。
(2)平安時代には、仮名文では「心にむせび侍りつつ命終り侍りなば」〔源氏‐薄雲〕のような仏教語、「命終(みょうじゅう)」を訓読した「いのちおわる」などの一部の例をのぞき、もっぱら「はてる」を用い、一方、漢文訓読文では「おわる」を用いるという文体による使いわけが見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

果の関連情報

関連キーワード

阿那含果

他サービスで検索

「果」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.