Rakuten infoseek

辞書

果皮【かひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

果皮
かひ
pericarp
種子植物の果実のうち,真果においては,心に由来した部分偽果においては子房以外の部分,たとえば萼片,包片,花托などが加わって発達した組織をいう。果皮が乾燥するものは乾果,液汁に富み多肉化するものは液果。また果皮が裂けるものは裂開果,果皮が閉じたままのものは閉果と呼ばれる。多肉果の果皮はよく発達し,外側の強くて内部保護の役割をしている外果皮 epicarpと,多肉質で水分が多い内果皮 endocarpとに分けられる。ただし,核果の場合には内果皮の内側は硬い殻になるので,そのまま多肉質で残る部分を中果皮 mesocarpといって区別する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ひ〔クワ‐〕【果皮】
果実で、ふつう種子を包む部分。外果皮・中果皮・内果皮が区別されるものがある。
果実の表面を覆う外皮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

果皮
 いわゆる果実の皮の部分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かひ【果皮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かひ【果皮】
果実の種子を包む部分。子房壁が発達したもので、普通、外果皮・中果皮・内果皮より成る。
果実の表面の皮。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

果皮
かひ
子房が発達して果実になるとき、子房壁、すなわち心皮(しんぴ)の部分をいう。したがって中に種子を含み、種子の保護、種子の散布、動物による捕食などによって種子が散布される働きをする。一般に果皮は外(がい)、中(ちゅう)、内(ない)の3層に区別され、その発達の状態は果実によりかなり違いがある。外果皮は果実の表面を覆い、普通の表皮組織のように、気孔や毛のような付属物をもつことがある。中果皮は多層の柔組織で、液果のような場合にはとくによく発達する。内果皮は子房の内壁で、モモ、ウメの場合には、ここの部分が石(せき)細胞の組織となり、石果(せきか)(核果(かくか))をつくる。ミカンなどの果実ではこの内果皮の部分の細胞が袋状になり、ここに液を蓄え、子房室を満たしている。[吉田 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ひ クヮ‥【果皮】
〘名〙
① 果実のうち、種子以外の部分。主に子房壁が成熟してできたもので、組織的には内・中・外の三層に分けられる。
② 一般には、果実の表面をおおっている皮をさし、外果皮の意味で用いることが多い。〔植物学語鈔(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

果皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

果皮の関連情報

他サービスで検索

「果皮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.