Rakuten infoseek

辞書

果実[法学]【かじつ[ほうがく]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

果実[法学]
かじつ[ほうがく]
物 (元物) から生じる収益をいう (→元本 ) 。これには,たとえば果樹や種馬の子馬のように,物の経済的用途に従って収取されるもの (天然果実) と (民法 88条1項) ,貸金利息貸家家賃のような,物の使用の対価 (法定果実,同条2項) との2種類がある。占有者占有物返還する場合,占有がその物の保存に費した費用およびその他の必要費は返還を受ける者より償還を要求することができるが,占有者が,占有物の果実を取得していた場合には,通常の必要費の償還を求めることはできない (196条1項) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

果実[法学]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

果実[法学]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.