Rakuten infoseek

辞書

【バイ】

デジタル大辞泉

ばい【枚】
昔、夜討ちのときなどに声を出さないように、兵士や馬の口にくわえさせた、箸のような形をした道具。ひもで首に結びつけた。口木

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい【枚】
[接尾]助数詞。
紙・板・皿などの薄く平たいものを数えるのに用いる。「二、三の紙」
原稿用紙の数を数えるのに用いる。ふつう400字詰めの原稿用紙を単位として数える。「五ほどの随筆」
魚を数えるのに用いる。「ヘラブナを三釣り上げる」
相撲で、その階級の人数を数えるのに用いる。「幕内を二ふやす」
相撲の番付で、席次を数えるのに用いる。「三上がる」
田や畑などの一区画を数えるのに用いる。「田一を植える」
浄瑠璃・長唄で、太夫や唄方の人数を数えるのに用いる。「二挺(ちょう)三
近世の大判金・丁銀や近代の貨幣・銀貨など、貨幣の数を数えるのに用いる。「銀三拾
駕籠舁(かごかき)の人数を数えるのに用いる。
「大坂より四―肩は二十四匁の定まり」〈浮・諸艶大鑑・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい【枚】[漢字項目]
[音]マイ(呉) バイ(漢)
学習漢字]6年
〈マイ〉紙・板・貨幣など薄く平たいもの。「枚挙枚数大枚
〈バイ〉昔、夜討ちなどのとき、声を出さないように口にくわえた木片。「銜枚(がんばい)」
[名のり]かず・ひら・ふむ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばい【枚】
昔、夜討ちなどのとき、声を出さないように、人や馬の口にくわえさせた箸はしのような形のもの。ひもで首に結びつけた。口木。
[句項目] 枚を銜む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい【枚】
( 接尾 )
助数詞。
紙・板・皿など薄くて平たいものを数えるのに用いる。ひら。 「紙を一-」
原稿用紙の数を数えるのに用いる。ふつう四百字詰めの原稿用紙を単位として数える。 「三百-の長編」
相撲の番付で、席次を数えるのに用いる。 「五-あがった」
相撲で、その階級の人数を数えるのに用いる。 「幕内を二-減らす」
田や畑などの一区画ずつを数えるのに用いる。 「田一-」
商品取引所での売買の最小単位として用いる。金1グラム、毛糸500キログラムなど。 「小豆一-」
浄瑠璃・長唄で、太夫・唄方の人数を数えるのに用いる。 「二挺ちよう三-」
近世の大判金や丁銀、近代の紙幣や銀貨など、貨幣の数を数えるのに用いる。 「銀二-」
駕籠舁かごかきの人数を数えるのに用いる。 「六-肩」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

紙のようなシート状の書写材を数える時の物理的な最小単位.葉ともいう.「」を同義で使うこともある.当初,書写材を数える単位は枚(丁)しかなかったが,西洋では15世紀後期から,日本では明治時代から,ページ付け表示を見かけるようになった.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばい【枚】
〘名〙 昔、夜討ちの時などに、声をたてないように口にふくませた道具。箸(はし)のような形で、横にくわえ、両端に紐をつけて頭上で結ぶ。馬にも用いた。口木。〔易林本節用集(1597)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい【枚】
[1] 〘接尾〙
、板、盾、皿、花びら、煎餠など平たいものを数えるのに用いる。ひら。古くは刀、鉾など棒状のものを数えるのにも用いた。
※源氏(1001‐14頃)須磨「白き唐の紙四五まいばかりを」 〔晉書‐郭璞伝〕
② 近世の大判金や丁銀、近代の紙幣や銀貨など貨幣を数えるのに用いる。
※家忠日記‐天正一四年(1586)一一月四日「金子百枚」
③ 田や畑などの一区画ずつを数えるのに用いる。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)殺生石「田一枚植て立去る柳かな」
④ 駕籠をかく人を数えるのに一人の肩を一枚とし「三枚肩」「四枚肩」などの形で用いる。
⑤ (名を一枚一枚の札、または番付、看板などに書いて張り出したところから) 芸娼妓、役者、相撲取などの人数を数えるのに用いる。
※洒落本・通仁枕言葉(1781)「芸者の五六めへも呼んで、銭を遣ふ」
⑥ (⑤の張り出される順が、その者の成績や位によるところから) 順位を数えるのに用いる。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「此糸さんが二枚(マイ)も下へ押さげられるか」
⑦ (⑤から転じて) 一般に人の数を数えるのに用いる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「おめへさん一枚(メヘ)を、大勢の取巻で、通夜(よあかし)大飲といふ洒落が」
⑧ 魚を数えるのに用いる。
※家忠日記‐天正一七年(1589)正月一八日「鯉十本、ふな百まい候」
⑨ 取引所用語で、売買取引の数量を表わす。株式は一株、米穀は一〇石、生糸は一〇〇斤、綿花は一〇俵をさすなど。〔模範新語通語大辞典(1919)〕
[2] 〘名〙 =ばい(枚)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.