Rakuten infoseek

辞書

林道【りんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林道
りんどう
forest road
森林の総合的,合理的な管理経営を行うための基盤となる輸送施設。森林の開発はまず市場と森林を結びつける到達林道の開設に始り,森林内部に施業林道か経営林道が開設され,作業技術体系が変革されるに伴い,施業林道から分岐した路線,作業道が開設されるようになる。林道規程 (1955.4.1.制定) によれば,自動車道 (1,2級) ,森林鉄道 (1,2級) ,車道,木馬道 (きんまみち) ,牛馬道,索道,流送路の7種に区分され,各種の林道を組織化した運搬系統を林道網という。現在ではおもに自動車道,軽車道をさし,一般的には自動車道をさすことが多い。また林道には地域経済助成の目的もあり,一般道路 (国道県道) と路網を形成する場合も多く,多目的利用性がある。しかし,特に幅員の大きい舗装道路などは森林環境への影響が強く,施工法や利用法などに十分に配慮した管理運営が望まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りん‐どう〔‐ダウ〕【林道】
林の中の道。特に、林産物を運ぶために山林中に通した道。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんどう【林道 forest road】
林道は林業の経営あるいは森林の管理に必要な道路であり,主として木材運搬に使われるが,農山村に開設されることが多いので,農山村地域の生活道路としても使われる。林道は輸送機能を重視したものと,集材機能を重視したものがあるが,一般的には幹線は輸送機能,支線・分線は集材機能が強い。集材距離を短縮し,集材費の節減をはかるのが林道開設の主要な目的であるから,地形や森林の経営条件を十分に考慮したうえで林道網計画がたてられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りんどう【林道】
森や林の中の道。特に林産物を運搬するために森林の内外に設けられた道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

林道
りんどう
林産物の運搬や植林、伐採、治山治水の各事業、レクリエーション利用、森林管理などのために、森林内外に通ずる交通路として築造される施設をいう。幅員4メートル前後、砂利敷きの単線自動車道が普通であるが、交通量の多い幹線には、維持管理のしやすいアスファルト舗装の単線あるいは複線の自動車道が建設されている。奥地の自然保護を必要とする森林地帯を通過せざるをえない林道にあっては、とくに自然と調和した路線の選定、路体の作設が不可欠となっている。日本全国で年間新設される自動車道としての林道は減少傾向にあり2000年度(平成12)には1187キロメートルであったものが、2010年度では484キロメートルに減少した(国有林林道・民有林林道の合計)。このほか、森林内で林道とともに林内路網ネットワークを構成する、フォワーダーなどの林業機械の走行を想定する森林作業道がある。この林道・作業道からなる林内路網密度(単位はメートル/ヘクタール)は林業の重要な生産基盤の指標で、日本は約17メートル/ヘクタール(2009)で、オーストリア89メートル/ヘクタール(1992~1996年の数値)、ドイツ118メートル/ヘクタール(旧西ドイツ圏1986~1989年の数値)の林業先進国に比べ著しく低く、林道と作業道との一体となった路網整備が望まれている。なお、既設林道で山村住民の生活と密着したものは、府県道や町村道に各地で無数移管され、民生に役だてられている。[山脇三平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りん‐どう ‥ダウ【林道】
〘名〙 木材の運搬や山林の管理のために森林に設けられた道。
※花物語(1908)〈寺田寅彦〉八「或る夏演習林へ林道敷設の実習に行った時の事である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.