Rakuten infoseek

辞書

林羅山【はやし らざん】

美術人名辞典

林羅山
江戸前期の儒者朱子学者。京都生。名は信勝、字は子信、通称は又三郎別号道春・羅浮子・浮山・羅洞等。藤原惺窩に学び、徳川家康以下四代の将軍に歴仕して封建教学・制度の樹立に尽し、上野に開いた私塾弘文館昌平坂学問所の起源をなした。著作は厖大である。明暦3年(1657)歿、75才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

はやし‐らざん【林羅山】
[1583~1657]江戸初期の儒学者。幕府儒官林家の祖。京都の人。名は忠・信勝。法号、道春。朱子学藤原惺窩(ふじわらせいか)に学び、徳川家康から家綱まで4代の将軍に侍講として仕えた。上野忍岡の家塾は、のちの昌平坂学問所の起源となった。著「羅山文集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

林羅山 はやし-らざん
1583-1657 江戸時代前期の儒者。
天正(てんしょう)11年8月生まれ。藤原惺窩(せいか)に朱子学をまなぶ。慶長10年将軍徳川家康につかえ,以後4代の将軍の侍講をつとめる。法令の制定,外交文書の起草,典礼の調査・整備などにもかかわる。幕命で「寛永諸家系図伝」「本朝編年録」を編修。上野忍岡に私塾(昌平黌(しょうへいこう)の前身)や孔子廟(びょう)をたて,林家が幕府の教学をになう基礎をつくった。明暦3年1月23日死去。75歳。京都出身。名は信勝,忠。字(あざな)は子信。通称は又三郎。僧号は道春。別号に夕顔巷,羅浮子など。
【格言など】人と云うものは,とかく私なる欲心によりて,災が出でくるぞ(「春鑑抄」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

林羅山
1583〜1657(天正11年〜明暦3年)【儒学者】博覧強記に加えて実務の才をあわせ持ち、将軍家の侍講に。 家康から四代の将軍に仕えた。江戸初期の儒学者。京都出身。建仁寺で禅学を修行した後、藤原惺窩に師事。推挙され徳川家康に仕え、以後四代にわたり将軍の侍講となった。博覧強記に加え実務にも長け、武家諸法度をはじめ、朝鮮使節への国書の起草など、幕府の外交、文書作成、典礼格式の調査・整備にかかわった。三代家光のとき、城内に羅山のために先聖堂が建てられ、これは後の湯島聖堂前身となった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやしらざん【林羅山】
1583‐1657(天正11‐明暦3)
江戸初期の儒学者。名は信勝,忠,字は士信,通称は又三郎,剃髪して道春。号はほかに羅浮山人,海花村,夕顔巷など多い。祖先は加賀の武士で父信時より京都に住み,伯父吉勝(米穀商)の養子となる。1595年(文禄4)13歳で元服し,京都建仁寺で読書し,97年(慶長2)出家をすすめられたが拒否して家に帰り,独学で経学を修め朱子学に傾倒し,《論語集註(しつちゆう)》を講説し四書加点を始めた。1604年藤原惺窩(せいか)に会い,多くの学問的影響を受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやしらざん【林羅山】
1583~1657 江戸初期の儒学者。京都生まれ。名は信勝。法号は道春。はじめ建仁寺に入り、のち藤原惺窩せいかに朱子学を学ぶ。1607年徳川家康に仕え、以後四代の将軍の侍講。上野忍ヶ岡に建てた学問所・先聖殿はのちの昌平黌しようへいこうの起源となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林羅山
はやしらざん
[生]天正11(1583).8. 京都
[没]明暦3(1657).1.23. 江戸
江戸時代前期の朱子学派の儒学者。江戸幕府儒官林家 (りんけ) の祖。名は忠,信勝。字は子信。通称は又三郎。羅山は号。法号は道春,羅浮子。父は林信時。 13歳で建仁寺の大統庵に入り,18歳のとき『朱子集注』を読んで,朱子学に傾倒。 22歳のとき藤原惺窩の門人となり,翌年惺窩の推挙により,徳川家康の侍講となって,外交文書や諸法度の起草,儀式の調査制定などにあたった。秀忠,家光,家綱までの4代の将軍に仕え,寛永7 (1630) 年上野忍岡に家塾を建てて,のち官学となった昌平黌の学問の礎を築いた。著書『三徳抄』『大学解』『神道伝授』『本朝神社考』『本朝通鑑』『羅山文集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

林羅山
はやしらざん
(1583―1657)
江戸前期の儒者。名は信勝。字(あざな)は子信(ししん)。剃髪(ていはつ)して道春(どうしゅん)と称す。羅山は号。天正(てんしょう)11年8月に京都に生まれる。1595年(文禄4)に臨済(りんざい)宗の建仁寺(けんにんじ)に入って、儒学と仏教を学んだが、1597年(慶長2)に家に帰ってのちはもっぱら儒書を読み、朱子の章句、集注(しっちゅう)(四書の注釈)を研究して宋学(そうがく)に傾倒し、仏教を排撃した。1604年より藤原惺窩(ふじわらせいか)に師事し、その推薦で1607年徳川幕府に召し抱えられ、以後、家康(いえやす)、秀忠(ひでただ)、家光(いえみつ)、家綱(いえつな)の4代将軍に仕え、侍講(じこう)として儒書や史書を講じた。またつねに将軍の傍らにあって、儀式・典礼の調査、法度(はっと)の制定や古書・古記録の採集・校訂、外交文書の起草にあたった。1630年(寛永7)将軍家光から江戸上野忍ヶ岡(しのぶがおか)に土地を与えられ、私塾・文庫と孔子廟(こうしびょう)を建て(これらはのち、神田(かんだ)の昌平坂(しょうへいざか)に移されて幕府直轄の昌平坂学問所および聖堂となった)、林家(りんけ)の家学である朱子学が幕府の正学となる基を開いた。羅山は、1657年(明暦3)のいわゆる明暦(めいれき)の大火によって神田の本邸の文庫を焼失、落胆して病臥(びょうが)し4日後の1月23日に没した。
 羅山の学問は、漢唐の旧注から陸象山(りくしょうざん)(九淵(きゅうえん))、王陽明(おうようめい)(守仁(しゅじん))の学に及び、諸子百家より日本の古典にわたったが、朱子学が中心であった。すなわち、羅山は藤原惺窩に従っていたころ王陽明の理気論に傾いていたが、1619年(元和5)の惺窩の死以降は朱子の理気論にたつことをはっきり宣言している。そして天(理気未分の太極(たいきょく))を人事・自然のいっさいの事物のうちに内在化し、しかも天は気によっていっさいを創造し、理によっていっさいを主宰するものと考え、この天の働き(天道)を賛(たす)けることを人道と断じ、この人道の履践(りせん)が「格物」に始まることを主張した(『春鑑抄(しゅんかんしょう)』(1629)『三徳抄』『性理字義諺解(げんかい)』および『林羅山先生詩集・文集』などの著がある)。羅山はこの朱子学の立場から神道(しんとう)を解釈して「理当心地神道」をたて、近世の儒学神道の先駆けをなした(『神道伝授』(1644~1647)『本朝神社考』(1638~1645成立)『神道秘伝折中俗解』などの著がある)。
 家康が羅山を召し抱えたのは、羅山の信奉した朱子学を理解し、それが新しい封建制度を持することを認めたからではなく、主として羅山の学殖を政治の実際に役だてようとしたからであろうが、しかし朱子学の思想と徳川封建政治の理念との間に内面的関係が存在し、この関係が羅山の子孫をして代々大学頭(だいがくのかみ)として幕府の文教をつかさどらせ、朱子学をして幕藩体制を支持する官学たらしめたゆえんと考えられる。
 羅山には4人の男子があり、長男、二男は夭死(ようし)した。三男春勝(はるかつ)は鵞峰(がほう)と号し、1618年に、四男守勝(もりかつ)(1625―1661)は読耕斎(とくこうさい)と号し、1625年に、いずれも京都で生まれた。鵞峰は父の後を継いで幕府に仕えて大学頭となり、読耕斎もまた幕府に召し抱えられた。羅山の在世中、この2子は父を助けて歴史書の編集に従い、『寛永(かんえい)諸家系図伝』や『本朝編年録』(1644)などをつくった。羅山の死後に鵞峰は後者を続編して『本朝通鑑(つがん)』をつくる。[石田一良]
『京都史籍会編・刊『羅山先生詩集・文集』全4巻(1920~1921) ▽石田一良・金谷治編『日本思想大系 28 藤原惺窩・林羅山』(1975・岩波書店) ▽堀勇雄著『林羅山』(1964/新装版・1990・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はやし‐らざん【林羅山】
江戸初期の儒者。名は忠または信勝。字は子信。通称又三郎。家康の命により慶長十二年(一六〇七)剃髪して道春と号した。京都の人。藤原惺窩に朱子学を学ぶ。のち、惺窩の推薦によって徳川家康の顧問となり、引き続き秀忠、家光、家綱に仕えて政治・文教に参画。また、忍岡に学問所および聖堂を建て、これが昌平黌(しょうへいこう)のもととなった。「武家諸法度」「旗本諸法度」を起草し、「寛永諸家系図伝」を完成した。著書も極めて多く「羅山文集」「大学抄」「大学解」「論語解」など。天正一一~明暦三年(一五八三‐一六五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林羅山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林羅山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.