Rakuten infoseek

辞書

林清三【はやし せいぞう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

林清三 はやし-せいぞう
田山花袋の小説田舎教師」の主人公。
中学卒業後,貧しさから進学せず,寒村の小学校の代用教員となる。友人の妹への思いがたたれ,すさんだ遊廓通いのすえに音楽学校を受験するが失敗。病におかされ,日露戦争の遼陽陥落をいわう万歳の声をききながら,24歳で死去する。小説は明治42年左久良書房より刊行。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

林清三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林清三の関連情報

他サービスで検索

「林清三」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.