Rakuten infoseek

辞書

林木【りんぼく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林木
りんぼく
(1) forest tree 造林対象になる樹木。利用価値が高いこと,単位面積あたりの生産量が多いこと,幹がまっすぐで,上下直径の差が少いこと,繁殖が容易で造林・更新を確保できること,病虫害への抵抗性が強く,環境条件に対する適応性がすぐれること,などの条件に合った樹木をいう。 (2) stand 森林をつくっている樹木の集団。一つ一つの樹木が相接して並び立ち,その樹冠 (クローネ) が閉鎖 (鬱閉) している。孤立している木に比べ,まっすぐで枝下が長く,節が少く小さい。上下の直径の差が少く,直径が大で,年輪密度が平等であり,林業の生産目的にかなった材になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りん‐ぼく【林木】
森林の樹木。「林木を伐採する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りんぼく【林木】
森林の木。特に、林業の対象となる木。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りん‐ぼく【林木】
〘名〙
① 林の樹木。
※明衡往来(11C中か)中末「以林木之可玄武之神者」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「岩石時に奇骨を露はし、林木時に秀姿を呈し」 〔荀子‐勧学〕
② 木材。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六上「北海道特産の林木(リンボク)を集めて作った五角堂や」 〔墨子‐雑守〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林木の関連情報

関連キーワード

パナマゴムノキウェイクフォレスト大学モデルフォレストRSTPフゼインセンダンベイラムパンヤノキセコイアエラン リクリス

他サービスで検索

「林木」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.