Rakuten infoseek

辞書

林房雄【はやしふさお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林房雄
はやしふさお
[生]1903.5.30. 大分
[没]1975.10.9. 鎌倉
小説家。本名,後藤寿夫。第五高等学校を経て東京大学法学部中退。在学中の 1923年「新人会」に参加してマルクス主義に近づき,『林檎 (りんご) 』 (1926) でプロレタリア文学の新人として認められたが,何度かの検挙投獄ののち転向,33年小林秀雄らと『文学界』を創刊。以後『青年』 (32~33) ,『壮年』 (35) ,『西郷隆盛』 (39~46) などを書く一方,『転向について』 (41) ,『勤王文学論序説』 (41) などで民族主義への傾斜を明らかにした。第2次世界大戦後公職追放指定を受け,解除後,『息子の青春』 (50) ,『妻の青春』 (52) などの風俗小説を書いた。ほかに『大東亜戦争肯定論』 (64) ,『続大東亜戦争肯定論』 (65) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はやし‐ふさお〔‐ふさを〕【林房雄】
[1903~1975]小説家。大分の生まれ。本名、後藤寿夫。プロレタリア作家として出発。のち転向し、戦後の民主主義否定の論陣一翼を担った。小説「青年」「西郷隆盛」、評論大東亜戦争肯定論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

林房雄 はやし-ふさお
1903-1975 昭和時代の小説家。
明治36年5月30日生まれ。東京帝大在学中に短編林檎(りんご)」を「文芸戦線」に発表し,プロレタリア作家として出発するが,のち転向。昭和8年小秀雄らと「文学界」を創刊。戦後は「息子の青春」などの中間小説をかき,「大東亜戦争肯定論」で話題をよんだ。昭和50年10月9日死去。72歳。大分県出身。東京帝大中退。本名は後藤寿夫。作品に「青年」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はやしふさお【林房雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやしふさお【林房雄】
1903~1975 小説家。大分県生まれ。本名、後藤寿夫。東大中退。マルクス主義から出発したが、日本への回帰の形で天皇制護持の超国家主義に転向。小説「都会双曲線」「青年」、評論「大東亜戦争肯定論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

林房雄
はやしふさお
(1903―1975)
小説家。大分市に生まれる。本名後藤寿夫(としお)。第五高等学校を経て東京帝国大学法学部中退。大学在学中新人会などに所属、指導的な学生運動家、マルクス主義理論家として活躍する一方、処女作『林檎(りんご)』(1926)を『文芸戦線』に発表、プロレタリア作家として出発した。1926年(大正15)京大事件で検挙され、30年(昭和5)より判決による2年の獄中生活を送った。32年出獄、『文学のために』『作家として』(ともに1932)で文学の自立性を主張し、政治の優位性を指導方針とするナップを批判、36年プロレタリア作家廃業を宣言した。以後、右翼団体大東塾の客員になって「勤王の心」を説いたり、国体への信仰と献身をうたうなど、新体制に積極的に協力した。早くからロマン性の強い作品を書いており、その典型的な転向も、資質に見合う必然のものともいえる。第二次世界大戦後、追放を経、中間小説『息子の青春』(1950)で復活。評論『大東亜戦争肯定論』(1964)で物議を醸したが、それも戦前の代表作『壮年』(1935)、『青年』(1932~33)、『西郷隆盛』(1939~40。70年完結。22巻)などの延長線上のものである。[小野寺凡]
『『林房雄著作集』二冊(1968~69・翼書院) ▽『日本の文学40 林房雄他集』(1968・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はやし‐ふさお【林房雄】
小説家。本名後藤寿夫(としお)。大分県出身。東京帝国大学中退。学生運動家からプロレタリア作家となる。獄中転向後は民族主義的作品を発表。第二次大戦後は「息子の青春」などの小説、戦後民主主義に異を唱える評論などを発表。「青年」「西郷隆盛」「大東亜戦争肯定論」などの著がある。明治三六~昭和五〇年(一九〇三‐七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林房雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林房雄の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]日露戦争史(年表)津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.