Rakuten infoseek

辞書

林子平【はやし しへい】

美術人名辞典

林子平
江戸後期経世家江戸生。幕臣岡村良通の次男。名は友直、号に六無斎。著書の『三国通覧図説』『海国兵談』が幕府忌諱に触れ、板木収され、禁錮に処せられた。和歌〈親も無し妻無し子無し板木無し、金も無ければ死にたくも無し〉と詠んで、不遇のうちに歿した。寛政5年(1793)歿、56才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

はやし‐しへい【林子平】
[1738~1793]江戸中期の経世家。江戸の人。名は友直。大槻玄沢宇田川玄随らと交遊。海外事情に通じ、蝦夷(えぞ)地開拓の必要性を説いたが、「三国通覧図説」「海国兵談」などが幕府の忌諱(きき)に触れ、蟄居(ちっきょ)を命ぜられた。寛政の三奇人の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

林子平 はやし-しへい
1738-1793 江戸時代中期-後期の経世家。
元文3年6月21日生まれ。幕臣林笠翁(りゅうおう)の次男。兄林嘉膳が陸奥(むつ)仙台藩につかえたため,仙台にうつる。藩に富国策を提出。江戸,長崎で大槻玄沢,オランダ人らに海外事情をきく。天明5年(1785)「三国通覧図説」,6年「海国兵談」をあらわし海防の必要を説くが,幕府の怒りにふれ蟄居(ちっきょ)となり,両書の板木は没収された。寛政5年6月21日死去。56歳。名は友直。号は六無斎。
格言など】親もなし妻なし子なし板木なし金もなければ死にたくもなし(「六無の歌」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はやししへい【林子平】
1738‐93(元文3‐寛政5)
江戸中期の経世論家。名は友直。幕臣岡村良通の次男で江戸の生れ。父が罪を得て除籍されたため,幼いころ町医者の叔父林従吾に養われた。1756年(宝暦6)兄嘉膳が仙台藩士に挙げられ,翌年仙台詰めとなったので,一家は仙台に移った。子平の身分は無禄厄介という不遇なものだったが,これを逆用して自由に出府し,あるいは長崎に赴くなどして見聞を広めた。江戸では工藤平助に兄事し,あるいは桂川甫周らの蘭学者と交わり,新知識を学んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやししへい【林子平】
1738~1793 江戸中期の経世家。江戸の人。名は友直。号、六無斎。仙台藩に経済政策などを進言。長崎に遊学し、また江戸で大槻玄沢・桂川甫周などの蘭学者と交遊。海外事情に通じ、「海国兵談」を著し海防の必要を説き、また「三国通覧図説」では蝦夷地の開拓を説いたが、幕府の忌諱ききに触れ禁錮。寛政三奇人の一人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林子平
はやししへい
[生]元文3(1738).6. 江戸
[没]寛政5(1793).6.21. 仙台
江戸時代中期の経世家。寛政三奇人の一人 (→蒲生君平 , 高山彦九郎 ) 。名は友直 (ともちか) 。儒者で幕臣だった岡村良通の二男。伊達家家臣の長兄のもとで同藩の工藤平助らと交際,のち江戸,長崎に遊学しオランダ商館や蘭学者の間に出入りして海外情勢に関する認識を深め,天明5 (1785) 年『三国通覧図説』を出版し,蝦夷地の経略を急いでロシアの南下政策に対処すべきであると海防論を力説した。寛政3 (1791) 年『海国兵談』全巻刊行を終え,同様の論旨江戸幕府の鎖国無為政策を批判。このため幕府の処罰を受け (→寛政の改革 ) ,みずから六無斎と称し,まもなく病没

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

林子平
はやししへい
(1738―1793)
江戸後期の経世家。「寛政(かんせい)の三奇人」の一人といわれ、奇行もあって知られる。幕臣岡村源五兵衛(げんごべえ)(1700―1767)の次子として、元文(げんぶん)3年6月21日江戸に生まれる。名は友直(ともなお)。父が浪人したので、兄嘉膳(かぜん)とともに叔父の林従吾(じゅうご)に養われ、林姓を名のる。兄が仙台藩に仕官することになり、1757年(宝暦7)仙台に居を移した。
 1764年(明和1)朝鮮使来聘(らいへい)を聞き、急に江戸に赴く。『仙台閑話』を著す。翌1765年、第一上書「富国建議」を、当時財政難に苦しんでいた仙台藩に提出し富国策を説いた。学制、武備、制度、地利、倹約などの9篇(へん)からなる。国政の第一は人材であり、人材は学問によって生ずるから、国政の第一は学政であるとした。「地利」では仙台藩の潜在的生産力を基に策をたて、武備=富国強兵は「国政の第一成事(なること)」とし、武士の土着を説いた点に先駆的特色がある。1775年(安永4)長崎に行き、オランダ人からロシア南下の形勢を聞き、国防の必要を痛感、地理学・兵学に志す。その後二度長崎に学び、江戸では大槻玄沢(おおつきげんたく)、宇田川玄随(うだがわげんずい)、桂川甫周(かつらがわほしゅう)ら蘭学(らんがく)者と交遊し、「国際的」感覚を身につけた。
 1777年『海国兵談』の稿をおこす。1785年(天明5)国防の見地から『三国通覧図説』を著し、朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、蝦夷(えぞ)、小笠原(おがさわら)諸島の地理を記す。また「富国策」(上書)を藩に提出。翌1786年『海国兵談』6巻を完成、自費出版。海国日本にふさわしい国防体制、武備を説いた、外圧に対する先駆的著述である。この年ロシアの軍艦が蝦夷にきた。幕府は同書を体制を揺るがす危険の書とみなし、1792年5月、板木(はんぎ)・製本を没収、子平に仙台の兄宅での蟄居(ちっきょ)を命じ、12月囚人として江戸に送られた。このとき「親も無し妻無し子無し板木無し……」と詠んだ歌は有名。また「いろは歌」に「りひはただひいきの沙汰(さた)を取りのけて理の当然を明白にせよ」と詠んだあたり、近代的理性・知性の芽生えを感じさせる。寛政(かんせい)5年6月21日、不遇のうちに没。[塚谷晃弘]
『奈良本辰也校注『日本思想大系38 近世政道論』(1976・岩波書店) ▽『新編 林子平全集』全5巻(1978~1980・第一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

林子平 (はやししへい)
生年月日:1738年6月21日
江戸時代中期の経世家
1793年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はやし‐しへい【林子平】
江戸中期の海防思想家。名は友直、字は子平。幕臣岡村良通の第二子。海外事情に注目し、蝦夷各地を探検。「三国通覧図説」「海国兵談」などを著わし、海防の必要を説いたが、幕府の忌諱にふれて禁錮。高山彦九郎、蒲生君平と並んで寛政の三奇人と称された。元文三~寛政五年(一七三八‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

林子平
はやししへい
1738〜93
江戸中・後期の経世思想家。寛政の三奇人の一人
仙台藩士。数度にわたり長崎に遊学。オランダ人から海外事情を学び,ロシアの南下の情報をきき,『三国通覧図説』『海国兵談』を著し,「江戸の日本橋より唐・オランダまで,境なしの水路なり」と海防の急務を説いた。しかし1792年幕府により世論を惑わすものとして版木を没収され,禁錮刑に処せられ,翌年不遇のうちに没した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林子平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林子平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.