Rakuten infoseek

辞書

林不忘【はやし ふぼう】

美術人名辞典

林不忘
小説家・翻訳家。新潟県生。本名長谷川海太郎。他に牧逸馬谷譲次筆名を持つ。初め谷譲次の名で渡米の経験をつづった『テキサス無宿』など、いわゆる「めりけんじゃっぷ」ものを発表した。その後、牧逸馬では海外探偵小説や、主婦層の人気を集めた『地上の星座』など通俗小説を発表。林不忘では、時代物の『丹下左膳』を発表した。三つの筆名を並行して使い分け、小説を量産したことから「文壇モンスター」との異名をもつ。昭和10年(1935)歿、36才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

はやし‐ふぼう〔‐フバウ〕【林不忘】
[1900~1935]小説家。新潟の生まれ。本名、長谷川海太郎。谷譲次・牧逸馬(まきいつま)の筆名でも作品を発表。時代小説「丹下左膳(たんげさぜん)」のほか、谷譲次名義の「テキサス無宿」、牧逸馬名義の家庭小説「地上の星座」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

林不忘 はやし-ふぼう
1900-1935 大正-昭和時代前期の小説家,翻訳家。
明治33年1月17日生まれ。長谷川四郎の兄。函館中学中退後,アメリカで苦学。大正13年帰国し,谷譲次の名で「テキサス無宿」などの「めりけん・じゃっぷ」物を発表。さらに林不忘の名で「丹下左膳」などの時代物を,牧逸馬の名で推理小説や家庭小説「地上の星座」などをかき,翻訳もした。「一人三人全集」がある。昭和10年6月29日死去。36歳。新潟県出身。本名は長谷川海太郎。
格言など】近代の都会は一個の生物である(「もだん・でかめろん」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はやしふぼう【林不忘】
1900‐35(明治33‐昭和10)
昭和前期の大衆小説家。牧逸馬,谷譲次などの筆名を駆使し大衆文壇の怪物と称された。新潟県佐渡郡相川町の生れ。本名長谷川海太郎。弟の潾二郎は洋画家,濬はロシア文学者,四郎は作家である。新聞人だった父に従って2歳のおり函館移住,そこで幼少年期をすごしたが,函館中学卒業を前にしてストライキ事件を機に退校し,1918年に単身渡米,働きながら勉強した。24年帰国後,松本泰の紹介で森下雨村を知り,そのすすめで《新青年》にいわゆる〈めりけん・じゃっぷ〉ものを谷譲次の名で発表,さらに牧逸馬名で海外推理小説の翻訳や通俗小説を執筆,林不忘の名では《新版大岡政談》を書き,丹下左膳を創造して文壇の寵児となったが,35歳の若さで急逝した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやしふぼう【林不忘】
1900~1935 小説家。新潟県生まれ。本名、長谷川海太郎。他に谷譲次・牧逸馬の筆名がある。めりけんじゃっぷ物「テキサス無宿(谷譲次)」、家庭小説「地上の星座(牧逸馬)」、時代小説「丹下左膳(林不忘)」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

林不忘
はやしふぼう
[生]1900.1.16. 新潟,相川
[没]1935.6.29. 鎌倉
小説家。本名,長谷川海太郎。筆名はほかに牧逸馬,谷譲次。 1918年函館中学校を中退してアメリカへ渡り,苦学してオーバーリン大学などに学んだ。 24年に帰国後,まもなく作家活動に入り,林不忘名で時代小説,谷譲次名で在米邦人に取材した「めりけん・じゃっぷもの」,そして牧逸馬名で海外推理小説の翻訳や通俗小説など,3つの筆名を使い分け,幅広い分野で活躍した。隻眼隻手の剣士丹下左膳が主人公の『新版大岡政談』3部作 (林不忘,1927~34) が多くの読者を集め,家庭小説地上星座』 (牧逸馬,32~34) ,「めりけん・じゃっぷもの」の短編集『テキサス無宿』 (谷譲次,29) なども好評だった。『一人三人全集』 (16巻,33~35) をもち,文壇のモンスターと呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

林不忘
はやしふぼう
(1900―1935)
小説家。新潟県佐渡の生まれ。本名長谷川(はせがわ)海太郎。小説家の長谷川四郎は弟。函館(はこだて)中学校卒業の直前、中学のストライキ事件に関係したため退校。1918年(大正7)渡米して、7年間アルバイトをしながら英文学を学んだ。帰国後、『探偵文芸』その他に『釘抜(くぎぬき)藤吉捕物覚書』(1925)を発表、27年(昭和2)から『東京日日新聞』に『新版大岡政談・鈴川源十郎の巻』を連載、作家としての地歩を固めた。33年、その続編にあたる『丹下左膳(たんげさぜん)』を『毎日新聞』に連載、片眼片腕の怪剣士、丹下左膳という特異な主人公像を造形して読者の圧倒的な人気を得た。三つの筆名を使い、林不忘では伝奇時代小説を、牧逸馬(まきいつま)では『この太陽』(1930)、『地上の星座』(1932)などの推理小説や家庭小説を、谷譲次では『テキサス無宿』(1929)などの「めりけん・じゃっぷもの」を精力的に執筆した。[磯貝勝太郎]
『『一人三人全集』全6巻(1969~70・河出書房新社) ▽室謙二著『踊る地平線―めりけんじゃっぷ長谷川海太郎伝』(1985・晶文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はやし‐ふぼう【林不忘】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林不忘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林不忘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.