Rakuten infoseek

辞書

【はん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はん
ban
中国の体鳴楽器長方形の堅い板のに穴をあけ,紐を通して数枚を結び,穴と反対側の端を開いては打合せる。唐代の宴楽散楽拍板の名で用いられ,のちに劇楽に使われた。京劇では単皮鼓と板とを1人が奏し,リズムをリードする。日本には清楽の楽器として輸入されたほか,沖縄地方では三板 (さんば) という名称民俗音楽に用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いた【板】
材木を薄く平たく切ったもの。「床にを張る」
金属・石または合成樹脂などを薄く平たくしたもの。「ガラス」「ブリキ
まな板。
板場(いたば)」「板前(いたまえ)」の略。「さん」
板付き蒲鉾(かまぼこ)」の略。「わさ」
芝居の舞台。「新作をに掛ける(=上演する)」
版木(はんぎ)。
《「掲示板」の「板」から》電子掲示板(BBS)のこと。また、掲示板サイトの中で、テーマ別に集めたスレッド2の集合。
株式などの相場で、売買注文の指値ごとの需給数量を示した表。またその情報。
10板の物」の略。
11 板敷き。板縁。
「つややかなる―のはし近う、鮮やかなる畳一枚(ひとひら)うちしきて」〈・三六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【板】[漢字項目]
[音]ハン(漢) バン(慣) [訓]いた
学習漢字]3年
〈ハン〉
木を薄く平らに切ったもの。また、そうした形状のもの。いた。「甲板(かんぱん・こうはん)乾板(かんぱん)合板鉄板(てっぱん)
(「」と通用)文字を彫る木のいた。版木。「板刻開板官板(かんぱん)宋板(そうはん)
拍子をとるいた。「拍板
〈バン〉
いた。「板木(ばんぎ)板書看板鋼板黒板回覧板掲示板
いたのように平たくて変化がない。「平板
野球で、投手板のこと。「降板登板
(「鈑(ばん)」の代用字)いたがね。「板金
〈いた〉「板前戸板胸板(むないた)床板羽子板
[難読]三板(サンパン)舢板(サンパン)拍板(びんざさら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はん【板】
東アジアの体鳴楽器。地域,時代,ジャンルによって形態や名称が異なるが,(1)数枚の板を同時に打ち合わせるもの,(2)1枚の板を槌(つち)などで打つもの,に大別される。また,中国では拍子を意味する楽語としても用いられる。 (1)はおもに中国,朝鮮にみられる打楽器で,拍板,拍ともいう。中国では唐代の散楽(雑技)に横笛腰鼓(ようこ)とともに用いられ,8世紀以後宮廷や民間宴饗楽に用いられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いた【板】
木材を薄く平たく切ったもの。 -塀ぺい 棚-
薄く平たいもの。 鉄の- -ガラス
「板付き蒲鉾かまぼこ」の略。 -わさ
俎板まないたのこと。
板前・板場のこと。 -さん
板敷・板の間の意から 舞台。 -にのせる
才取会員が正会員からうけた売買注文について銘柄別に記録したものの俗称。才取会員の注文控。
版木のこと。
「板敷」の略。 夜ふくるまで-の上にゐて/落窪 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


いた
boardplank
板状をした木材。広義には製材に関する日本農林規格(JAS(ジャス))の板類を、狭義にはそのなかの板をいう。板には面に現れる木目(もくめ)の形により、柾目(まさめ)と板目とがある。柾目は年輪に直交する方向に製材したもので、反(そ)り、ねじれ、収縮などの変形が小さい。板目は年輪の接線方向に製材したもので、反りなど変形に対する注意が必要である。厚さが6~9ミリメートルの薄板は天井や羽目板に、12~15ミリメートルのものは床板に、20ミリメートル以上のものは棚板として用いられる。一般には、金属や石その他薄く平らなものを板という場合がある。[向井 毅]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いた【板】
〘名〙
① 薄く平らにした木材。
※古事記(712)下・歌謡「い寄り立たす わきづきが下の 伊多(イタ)にもが あせを」
② 金属や石、その他の薄く平らな物。「ガラスいた」「とたんいた」など。
③ 「いたじき(板敷)」の略。
※落窪(10C後)二「夜ふくるまで板の上に居て」
※枕(10C終)三六「いたのはし近う、〈略〉畳一ひらうち敷きて」
④ 「いた(板)の物」の略。
⑤ (「まないた(俎)」の略) 魚を料理する平らな木の台。
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「いたにこいをいだす」
⑥ 料理場。台所。また、料理人をもさす。板前。板場。板元(いたもと)
※滑稽本・四十八癖(1812‐18)初「コウ板は誰だ」
⑦ 料理屋などで、その日にできる料理や魚の名などを記した板。献立表。〔模範新語通語大辞典(1919)〕
⑧ (「かみよりいた(神寄板)」の略) 古く、神を招請するときに、琴頭に立てておく杉の台。また、転じて、とくに紀州熊野神社等の巫女(みこ)の称。
※山家集(12C後)下「み熊野のむなしきことはあらじかし虫垂(むしたれ)いたのはこぶあゆみは」
板木(はんぎ)。また、出版。→板に上(のぼ)す
※浮世草子・好色破邪顕正(1687)上「板を後世に伝へん物を」
⑩ 板付きかまぼこをいう室町期の女房詞「おいた」の「お」が脱落したもの。板付き。おいた。
洒落本・まわし枕(1789)「此板アめっそう塩ッかれへゼ」
⑪ 「いたじめ(板締)①」の略。
⑫ 「いたがね(板金)②」の略。
※北野天満宮目代日記‐目代久世日記・慶長一二年(1607)一二月四日「四十三匁請取也。但いた也」
⑬ 板状の鬢付油(びんつけあぶら)
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「板(イタ)を一本とゑりつけ」
⑭ 江戸深川などの岡場所で、遊女の名をしるし、稼ぎの多い順に寄せ場に並べ掲げる板札。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「寄場(よせば)へいって板(いた)をみてきやしたが」
⑮ 芝居の舞台。→板に付く板に乗せる板に上(のぼ)す
⑯ 写真の乾板。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【板】
〘名〙
① いた。木を薄く平たくしたもの。
② 文中に、似かよった調子の語句が並んで、一種のいやみやわずらわしさなどが感じられるもの。また、そのような文体。平板。
③ 木製の打楽器。数枚の短冊形の板の一端を紐でつづり、両手に持って打ち鳴らすもの。びんざさら。拍板。
※随筆・撈海一得(1771)下「板は今浅草観音祭などに用るびんざさらと云ものなり」
④ (「版」とも書く) 寺院で、時刻などを告げるために打ち鳴らす板。木製と銅製の二種があり、銅製のものを雲版という。
※正法眼蔵(1231‐53)優曇華「僧堂、いま版をとりて雲中に拍し」
⑤ =はん(版)
※俳諧・毛吹草(1638)四「板摺本(ハンのすりほん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.