Rakuten infoseek

辞書

板金・板銀【いたがね】

大辞林 第三版

いたがね【板金・板銀】
薄く伸ばした金属。金属の板。ばんきん。
板状に鋳造して秤量貨幣として用いた金銀。ばんきん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いた‐がね【板金・板銀】
〘名〙
金属を延ばして、板状にしたもの。いた。
※多聞院日記‐天正一一年(1583)八月一六日「やねはにしきにてはる。〈略〉四方のそて板金にそとをたみて」
② 金銀を薄く板状に延ばしたもの。近世初期から、貨幣として用いられることがあった。また、特に丁銀(ちょうぎん)をさしていうことがある。いた。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・好色二代男(1684)三「板銀(イタカネ)を山なして、ほしそふなる下々にくだし給ふに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板金・板銀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板金・板銀の関連情報

他サービスで検索

「板金・板銀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.