Rakuten infoseek

辞書

板倉【いたくら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

板倉
いたくら
新潟県南西部,上越市南部の旧町域。高田平野の南東部から東頸城丘陵にかけて広がる。 1958年町制。 2005年上越市に編入。平野部は穀倉地帯の一部で米作が盛ん。 1971年から県の農村総合整備モデル事業の指定を受ける。 1992年に工業団地が完成し,企業が誘致されている。丘陵には観光牧場やキャンプ場がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いたくら【板倉】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いた‐ぐら【板倉】
壁を板材で作った倉。柱間に板をはめ込みにしたり、板材を直接井桁(いげた)に組み合わせたりする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いたくら【板倉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いたくら【板倉】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いたぐら【板倉】
壁を板で作った倉。また、厚板を組み上げて壁体とした校倉あぜくらの類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

板倉
いたくら
新潟県南西部、中頸城(なかくびき)郡にあった旧町名(板倉町(まち))。現在は、上越(じょうえつ)市の一地区。1958年(昭和33)町制施行。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、柿崎(かきざき)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに、上越市に編入。旧町域は、高田平野の谷口に位置し、大熊川が流れる。近くを走るえちごトキめき鉄道(旧、JR信越本線)新井駅から5キロメートルにある針(はり)地区は、飯山(いいやま)街道の要衝で、在郷町として繁栄した。また、頸南(けいなん)穀倉地帯の中心で、南東丘陵にある東山寺(ひがしやまてら)地区は中世、山岳仏教の聖地として栄え、山寺薬師や、恵信尼(えしんに)(親鸞(しんらん)の妻)廟(びょう)や記念館がある。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板倉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板倉の関連情報

他サービスで検索

「板倉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.