Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

板倉重昌【いたくらしげまさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

板倉重昌
いたくらしげまさ
[生]天正16(1588).駿府
[没]寛永15(1638).1.1. 島原
江戸時代前期の三河深溝領主。勝重の子。内膳正。家康に幼少から仕え,方広寺鐘銘事件においては家康の使いとなり,また大坂冬の (→大坂の陣 ) の講和に際しては軍使となって活躍,のち,三河深溝の領主となって1万 5000石を賜わった。寛永 14 (1637) 年島原の乱には,上使として松倉細川鍋島,立花らの九州諸大名を指揮したが,原城を落すことができず,幕府松平信綱を派遣して軍の立直しをはかろうとした。重昌は幕府の処置を恥じ,信綱到着前に落城させようと翌年1月総攻撃をかけたが成功せず,戦死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いたくら‐しげまさ【板倉重昌】
[1588~1638]江戸初期の武将勝重の子。三河深溝(ふこうず)領主。大坂冬の陣の講和使者。のち、島原天草一揆鎮定に向かったが成功せず、城を強攻して戦死。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

板倉重昌 いたくら-しげまさ
1588-1638 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)16年生まれ。板倉勝重の3男。徳川家康につかえ,方広寺鐘銘事件では問題の鐘銘箇所をしらべて家康に報告,大坂冬の陣・夏の陣に参戦した。寛永元年三河(愛知県)深溝(ふこうず)藩主板倉家初代となる。1万5000石。14年島原の乱の鎮圧に出陣,松平信綱の援軍をまつのを恥じて総攻撃をかけ,寛永15年1月1日戦死した。51歳。駿河(するが)(静岡県)出身。
【格言など】新玉(あらたま)の歳に任せて散る花の名のみ残して先駆けと知れ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いたくらしげまさ【板倉重昌】
1588‐1638(天正16‐寛永15)
江戸前期の譜代大名。三河国深溝城主。板倉勝重の三男。1603年(慶長8)徳川家康に仕え,近習出頭人として,方広寺鐘銘事件に関与するなど,家康に信任された。大坂冬・夏の陣とも従軍。24年遺領を合わせ1万1850石を領した。のち新墾田を加え1万5000石を領知。37年島原の乱の上使として九州に下る。老中松平信綱派遣の報に接し,38年元旦総攻撃を行ったが,戦死した。【藤井 譲治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

板倉重昌
いたくらしげまさ
(1588―1638)

江戸前期の幕臣、島原の乱の幕軍主将。駿府(すんぷ)(静岡市)に生まれる。江戸幕府初期の高名な京都所司代勝重(かつしげ)の二男(三男とも)。内膳正(ないぜんのしょう)。駿府大御所時代における徳川家康の近習(きんじゅ)出頭人の一人で、大坂の陣では軍使となる。三河国(愛知県)深溝(ふこうず)領主で1万1000石余を知行(ちぎょう)。島原の乱の勃発(ぼっぱつ)で幕府の征討軍の総大将となった。キリシタン一揆(いっき)軍の抵抗は予想外に強く、幕軍の統率の乱れもあって戦線は膠着(こうちゃく)した。事態を重視した幕府は、老中松平信綱(のぶつな)の派遣を決定。これを知った重昌は、寛永(かんえい)15年(1638)正月1日総攻撃を決行したが、幕軍の士気あがらず玉砕的な戦死を遂げた。

[煎本増夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたくら‐しげまさ【板倉重昌】
江戸初期の大名。三河深溝(ふこうず)の領主。勝重の三男。島原の乱に際し上使として鎮定に向かったが成功せず、戦死。天正一六~寛永一五年(一五八八‐一六三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

板倉重昌
いたくらしげまさ
1588〜1638
江戸初期の譜代大名
勝重の子。徳川家康に仕え大坂冬の陣で軍使となった。島原の乱発生に際し征討軍の指揮者となり,松倉・細川・鍋島・有馬などの諸軍を率いて戦ったが鎮圧できず,幕府が老中松平信綱を派遣したのを恥じ,強攻して戦死した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板倉重昌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板倉重昌の関連情報

関連キーワード

テレサ[アビラ]ティコ・ブラーエ安土桃山時代(年表)グラナダ焦竑マーローモンテーニュ佐々成政環境報告書エッセイ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.