Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

板倉重宗【いたくら しげむね】

美術人名辞典

板倉重宗
江戸前期の京都所司代下総関宿藩藩主。駿河国生。板倉勝重長男。初名は重統、通称を十三郎・五郎八・又右衛門。秀忠の将軍宣下に際して従五位下周防守に叙任され、大坂両陣従軍書院番頭を経て京都所司代となり、父勝重と共に名所司代として知られた。明暦2年(1656)歿、70才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いたくら‐しげむね【板倉重宗】
[1586~1657]江戸初期の幕臣勝重の長男。父のあと京都所司代に就き、在職35年。厳正な裁判で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

板倉重宗 いたくら-しげむね
1586-1657* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年生まれ。板倉勝重の長男。将軍徳川秀忠側近としてつかえ,父のあと元和(げんな)6年京都所司代となる。35年間在職。父とともに名所司代といわれ,父子2代にわたる政務の記録「板倉政要」がある。明暦2年下総(しもうさ)関宿(せきやど)(千葉県)藩主板倉家初代。5万石。明暦2年12月1日死去。71歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いたくらしげむね【板倉重宗】
1586‐1656(天正14‐明暦2)
江戸前期の京都所司代,下総国関宿城主。板倉勝重の長子。徳川秀忠に近侍,1605年(慶長10)秀忠将軍宣下に際し,従五位下周防守に叙任。書院番頭を経て,20年(元和6)父勝重のあとをうけ京都所司代となり,54年(承応3)まで35年間在職。退任後も後任所司代牧野親成を補佐し翌年まで在京。この間24年(寛永1)勝重の遺領1万石余を合わせ3万8000石を領し,33年1万2000石を加増された。56年下総国関宿に移封されるが,同年12月1日す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

板倉重宗
いたくらしげむね
[生]天正14(1586).駿府
[没]明暦2(1656).12.1. 下総,関宿?
江戸時代前期の京都所司代。勝重の嫡子。周防守。元和5 (1619) 年京都所司代に就任。承応3 (54) 年辞職。名所司代といわれた板倉氏の施政,裁断の大要を知るものとして『板倉政要』がある。明暦2 (56) 年,下総国関宿で5万石を領した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

板倉重宗
いたくらしげむね
(1587―1656)

江戸幕府初期、徳川家光(いえみつ)時代の京都所司代。周防守(すおうのかみ)。下総(しもうさ)国(千葉県)関宿(せきやど)城主で5万4000石。駿府(すんぷ)(静岡市)に生まれる。初め重統(しげむね)、十三郎、五郎八などと称した。1619年(元和5)父勝重(かつしげ)の後を継ぎ、父の声名を上回る名所司代となる。在任中は幕藩体制確立期にあたり、朝幕関係において幕府の威信を高めつつ平和的維持に努めた。京都の治政では強大な権限を与えられ、「牢人(ろうにん)」の追放、キリシタン禁圧、京都の民政に関する21か条の発布など業績が多い。また裁判ではつねに厳正な態度で臨み、『藩翰譜(はんかんぷ)』などにこの種の逸話を残している。54年(承応3)職を辞し、関宿城に転封され、同地で死去。

[煎本増夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたくら‐しげむね【板倉重宗】
勝重の長子。周防守。父に代わり京都所司代となり、在職三五年間、明快な裁決を下した。「板倉政要」は、父子の京都における施政・裁判の大要を後人が書き著したもの。のち、下総関宿城主となり五万石を領した。天正一五~明暦二年(一五八七‐一六五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

板倉重宗
いたくらしげむね
1586〜1656
江戸前期の譜代大名
父勝重のあとを継ぎ京都所司代となり,父子2代50余年間京都市政に尽力した。下総(千葉県)関宿5万6000石に移封。障子を隔てて訴訟を聞き,私心を去り公平を期したという逸話がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板倉重宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板倉重宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.