Rakuten infoseek

辞書

松阪赤菜

デジタル大辞泉プラス

松阪赤菜
三重県松阪市で生産される葉物野菜紅色松阪城を築いた蒲生氏郷が、近江の国から伝えたとされ、日野菜に似る。昭和40年代には一時期栽培が途絶えたが、2000年頃から栽培が復活漬物に加工される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

松阪赤菜[根菜・土物類]
まつさかあかな
東海地方、三重県の地域ブランド。
主に松阪市で生産されている。蒲生氏郷が松阪に国替えとなったときに、日野菜のを持ち込み栽培したのが始まりという。明治時代品種改良を経て現在のとなった。1965(昭和40)年頃、一度姿を消したが、保存されていた種から栽培が復活した。葉の軸と根部全体は、鮮やかな紅色。漬物・サラダなどに利用される。冬季が旬。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松阪赤菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松阪赤菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.