Rakuten infoseek

辞書

松阪の猿はじき【まつさかのさるはじき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

松阪の猿はじき[人形・玩具]
まつさかのさるはじき
東海地方、三重県の地域ブランド。
松阪市で製作されている。起源は不明。明治時代初頭には松阪市内でつくられたという。縁起・厄落し猿・厄弾き猿などと呼ばれる。竹弓を弾くと赤い布製の小さな猿が弾ける郷土玩具。松阪市の岡山継松寺が厄除けの寺として知られることから、初午の参拝人の土産物としてつくられている。三重県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松阪の猿はじき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松阪の猿はじきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.