Rakuten infoseek

辞書

松永尺五

美術人名辞典

松永尺五
号尺五・講習堂・時習堂等。貞徳の子。避年。称昌三郎。藤原惺窩程朱を受け、十八才の時豊臣秀頼の前で大学を講じ又諸家のを容れて、経書・兵書を講説し名声高し。木下順庵宇都宮遯庵等はその門人。明暦3年(1657)歿、66才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

まつなが‐せきご【松永尺五】
[1592~1657]江戸初期の儒学者。京都の人。貞徳の子。名は昌三。字(あざな)は遐年(かねん)。藤原惺窩(ふじわらせいか)高弟。京都に講習堂を開き、門下から木下順庵貝原益軒らを出した。彝倫(いりん)抄」「四書事文実録」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松永尺五 まつなが-せきご
1592-1657 江戸時代前期の儒者。
文禄(ぶんろく)元年生まれ。松永貞徳の子。藤原惺窩(せいか)にまなぶ。師没後,京学の中心となる。終生仕官せず,京都に春秋館,講習堂,尺五堂をひらく。門人に木下順庵,貝原益軒,安東省庵(せいあん)ら。明暦3年6月2日死去。66歳。京都出身。名は昌三。字(あざな)は遐年。通称は昌三郎。著作に「彝倫(いりん)抄」。
【格言など】凡そ人君は,日月の光のごとく,万人をたすくるようにあるべし(「彝倫抄」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつながせきご【松永尺五】
1592‐1657(文禄1‐明暦3)
江戸前期の朱子学派の儒者。名は昌三,字は遐年,通称は昌三郎,尺五は号。俳人松永貞徳の子として京都に生まれ,親戚の藤原惺窩(せいか)に師事した。林羅山らとともに藤門四天王の一人で,惺窩学の最もよき継承者となった。終生仕官せず,1648年(慶安1)京都に尺五堂を開き,門弟の教育に当たった。門下に木下順庵,貝原益軒,安東省庵らがいる。著書《尺五先生全集》《彝倫抄(いりんしよう)》など。【石毛 忠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつながせきご【松永尺五】
1592~1657 江戸前期の儒者。京都の人。名は昌三。松永貞徳の子。藤原惺窩の弟子。林羅山とは対照的に、禄仕せず長年京都で私塾を経営。門下に木下順庵・貝原益軒・安東省庵などを輩出。著「彝倫いりん抄」「尺五先生全集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松永尺五
まつながせきご
[生]文禄1(1592).京都
[没]明暦1(1655)/明暦3(1657).6.2. 京都
江戸時代前期の朱子学派の儒学者。名は遐年,字は昌三。貞徳の子。藤原惺窩に朱子学を学び,儒仏神三教一致の立場を取った。加賀藩に出仕したが,のち京都に帰り,春秋館,講習堂を建てたが,さらに慶安1 (1648) 年尺五堂を開き,子弟の教育にあたった。門人は 5000人と称され,木下順庵,貝原益軒,宇都宮遯庵らを輩出した。著書に『五経集注首書』『四書事文実録』『大海一滴』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松永尺五
まつながせきご
(1592―1657)
江戸初期の儒者。名は昌三。字(あざな)は遐年(かねん)。尺五は号である。松永家は駿河(するが)(静岡県)の出身。貞徳(ていとく)の子として京都に生まれる。貞徳は近世初頭の代表的文化人で、貞門俳諧(はいかい)の祖。藤原惺窩(ふじわらせいか)とは再従兄弟(またいとこ)の間柄。松永久秀の曽孫(そうそん)とするのは誤伝である。幼少から惺窩に師事して儒学を修め、長じて惺窩門の四哲の一人となる。程朱学を奉じたが、惺窩に似て他説に寛容で、仏教、道教をも排斥しなかった。終生仕官せず、京都に講習堂、尺五堂を開いて、市井の学者・教育者として、惺窩なき後の京学を振興した。林羅山(はやしらざん)が程朱学のみを是(ぜ)として官学の祖となったのと対照的である。門下生に木下順庵(きのしたじゅんあん)、安東省庵(あんどうせいあん)、宇都宮遯庵(うつのみやとんあん)らの逸材がある。[玉懸博之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつなが‐せきご【松永尺五】
江戸前期の儒者。京都の人。貞徳の子。名は昌三、字は遐年。藤原惺窩の門にはいり程朱の学を修めた。京都で講習堂・尺五堂・春秋館を開き、門下に木下順庵、宇都宮遯庵(とんあん)らが出た。その塾は、近世を通じて存続した。著に「彝倫抄」「小学集註抄」「尺五先生全集」など。文祿元~明暦三年(一五九二‐一六五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

松永尺五
まつながせきご
1592〜1657
江戸前期の朱子学者
貞徳の子。京都の人。藤原惺窩 (せいか) の門に入った。幼くしてをよくし,13歳のとき豊臣秀頼の前で経書を講じたといわれる。京都に私塾講習堂・尺五堂を設け,5000人の門弟が集まり,木下順庵・貝原益軒ら有能な人材を多く輩出した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松永尺五」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松永尺五の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.