Rakuten infoseek

辞書

松村英一【まつむら えいいち】

美術人名辞典

松村英一
歌人。東京生。窪田空穂に師事歌風は単純率直・端的直截をめざす。歌論・評釈書も多く歌壇の指導にも尽力。雑誌「国民文学」の編集にもあたる。昭和56年(1981)歿、91才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松村英一 まつむら-えいいち
1889-1981 大正-昭和時代の歌人。
明治22年12月31日生まれ。窪田空穂(くぼた-うつぼ)に師事。空穂の「国民文学」をうけつぎ主宰,大正6年の「短歌雑誌」刊行にも参画した。歌集に「露原」「樹氷と氷壁」など。歌論書,評釈書もおおい。昭和56年2月25日死去。91歳。東京出身。号は彩花。
【格言など】左様ならが言葉の最後耳に留めて心しづかに吾を見給へ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松村英一
まつむらえいいち
(1889―1981)
歌人。東京・芝愛宕(あたご)下に生まれる。商業見習いや新聞記者を経、生涯の大部分を文筆生活に過ごす。「十月会」に参加し、窪田空穂(くぼたうつぼ)創刊の『国民文学』を継承し主宰。『春かへる日』(1913)の自然主義の影響による破調歌を含む若い情景のあふれる作から、『やますげ』で写実的歌風を樹立。『山の井』(1950)の円熟に至り、以後、自在な滋味と深い悲哀感の作を残す。そのほか歌集九冊、『短歌論鈔(しょう)』『短歌管見』など多くの歌論書入門書、古典和歌論が多い。[武川忠一]
 さえざえと咲くは木の花草の花はなの白妙(しろたへ)夕つ日照らす
『『松村英一全歌集』上下(1958・国民文学社) ▽『短歌 特集 松村英一追悼』(1981.6・角川書店) ▽『国民文学 松村英一追悼特集号』(1982.2・国民文学社) ▽千代国一著『松村英一の秀歌』(1986・短歌新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松村英一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松村英一の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.