Rakuten infoseek

辞書

松本清張【まつもとせいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松本清張
まつもとせいちょう
[生]1909.12.21. 小倉
[没]1992.8.4. 東京
小説家。本名,清張 (きよはる) 。高等小学校卒業後,給仕印刷所の版下工その他の職を転々とし,1937年朝日新聞西部本社に入り広告部員。 50年『西郷札』が『週刊朝日』の懸賞小説に入選,『或る「小倉日記」伝』 (1952) が芥川賞を受けて文壇にデビュー。『啾々吟』 (53) ,『菊枕』 (53) ,『断碑』 (54) ,『石の骨』 (55) など学問,芸術に執念を燃やした人々の生涯や歴史物に新境地を開いた。次いで『張込み』 (55) ,『顔』 (56) など推理小説に手を染め,『点と線』 (57~58) ,『眼の壁』 (58) の成功によって社会派推理小説ブームの推進者となった。『日本の黒い霧』 (60) ,『昭和史発掘』 (64) など歴史の暗黒面をえぐる作品も多い。ほかに『黒の画集』 (58~60) ,『球形の荒野』 (60~61) ,『砂の器』 (60~61) などが推理小説の代表作。その後,考古学,古代史学への関心を深め,『古代史疑』 (66~67) ,『遊史疑考』 (71~72) などの著書もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

松本清張
社会派推理小説というジャンルを開拓した作家。1909年、福岡県生まれ。代表作は「点と線」、「ゼロの焦点」など。日南町には直筆の言葉を刻んだ文学碑が建てられている。92年に82歳で死去
(2018-02-11 朝日新聞 朝刊 鳥取全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

まつもと‐せいちょう〔‐セイチヤウ〕【松本清張】
[1909~1992]小説家。福岡の生まれ。本名、清張(きよはる)。犯罪の動機を重視し、背後にある現代社会の仕組みを描き出した推理小説「点と線」「ゼロの焦点」などで、社会派推理小説という新分野を開拓。時代小説・ノンフィクション・古代史論考などの分野でも活躍。他に「日本の黒い霧」「砂の器」など多数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松本清張 まつもと-せいちょう
1909-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
明治42年12月21日生まれ。印刷版下工などをへて朝日新聞西部本社に入社。「三田文学」に発表した「或る「小倉日記」伝」で昭和28年芥川賞。32年から雑誌「旅」に連載した「点と線」で社会派推理小説の新分野を開拓する。42年第1回吉川英治文学賞。日本現代史や古代史のノンフィクション分野でも活躍。平成4年8月4日死去。82歳。福岡県出身。本名は清張(きよはる)。著作はほかに「ゼロの焦点」「昭和史発掘」など。
【格言など】慢性になった常識が盲点をつくる(「点と線」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつもとせいちょう【松本清張】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつもとせいちょう【松本清張】
1909~1992) 小説家。本名、清張きよはる。福岡県生まれ。犯罪の背後にある社会の暗部に注目する社会派推理小説のほか、昭和史や古代史の謎に挑む。著「点と線」「砂の器」「日本の黒い霧」「古代史疑」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松本清張
まつもとせいちょう
(1909―1992)
小説家。明治42年12月21日、福岡県小倉(こくら)市に生まれる。小学校卒業後、給仕、印刷の版下工を経て、1939年(昭和14)朝日新聞西部本社広告部勤務。処女作『西郷札(さいごうさつ)』(1950)が懸賞三等に入選し、翌年直木賞候補作となる。52年(昭和27)9月『或(あ)る「小倉日記」伝』で芥川(あくたがわ)賞受賞。54年東京本社勤務。56年退社、文筆生活に入る。初期のモデル(伝記)小説『或る「小倉日記」伝』、『菊枕(きくまくら)』(1953)、『断碑』(1954)、『石の骨』(1955)は、才能がありながら世に認められず、それゆえに執念を燃焼させてやまない屈折した生に、作家の生の共感がある。一方、犯罪の動機の重視、社会性の導入による推理小説『点と線』(1957~58)、『ゼロの焦点』(1958~60)で、「社会派推理小説」という新分野を開いた。また推理的伝記『鴎外(おうがい)の婢(ひ)』『文豪』や時代小説も注目される。さらにノンフィクションの分野は『日本の黒い霧』(1960)をはじめ、山県有朋(やまがたありとも)を描く『象徴の設計』(1962~63)、中江兆民(ちょうみん)を描く『火の虚舟(きょしゅう)』(1966~67)、菊池寛賞受賞の『昭和史発掘』(1964~71)へと拡大する。その後古代史に注目し、『古代史疑』(1966~67)、『火の路(みち)』(1973~74)を著す。歴史に対する洞察は、『清張通史』(1976~78)へと発展し、NHKテレビ番組『ミツコ――二つの世紀末』の製作と並行して同じ素材で小説『暗い血の旋舞』(1987)を発表した。[山崎一穎]
『『松本清張全集』全56巻(1971~84・文芸春秋) ▽『現代文学読本 松本清張 文学編』(1978・清山社) ▽中谷博著『大衆文学――その本質、その作家』(1973・桃源社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつもと‐せいちょう【松本清張】
小説家。福岡県出身。本名清張(きよはる)。高等小学校卒。昭和二六年(一九五一)「西郷札」で注目され、同二七年「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。「点と線」「ゼロの焦点」で社会派推理小説の新分野を確立した。時代小説、ノンフィクション、古代史論考などの分野でも活躍。著に「日本の黒い霧」「砂の器」「昭和史発掘」「古代史疑」など。明治四二~平成六年(一九〇九‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本清張」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松本清張の関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門シェーンベルク伊藤博文グリフィススバル安井息軒(やすいそくけん)マッキム・ミード&ホワイトレオポルド2世ピーター・ドラッカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.