Rakuten infoseek

辞書

松平慶永【まつだいらよしなが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平慶永
まつだいらよしなが
[生]文政11(1828).9.2. 江戸
[没]1890.6.2. 東京
幕末の越前藩主。越前守。号は春嶽。田安斉匡の6男。天保9 (1838) 年,松平斉善の嗣子となり越前藩主を襲封。藩政改革のため橋本左内由利公正らを重用し,殖産興業に成し,種痘など洋式技術の導入にも努めた。ペリー来航の際には,攘夷論を提唱,条約無断調印に反対。また,将軍継嗣に一橋慶喜を推して大老井伊直弼対立し (→将軍継嗣問題 ) ,安政の大獄では謹慎処分を受けた。桜田門外の変後許され,文久2 (62) 年政事総裁。参勤交代の旧習を緩和するなど,一橋慶喜とともに幕政改革に尽力。のち朝議参与,京都守護職歴任王政復古前後には討幕派と対抗して土佐藩主山内豊信らとともに将軍の朝政参与を主張。新政府成立後,議定民部卿大蔵卿。 16歳のときから書き続けられた日記 (『松平春嶽全集』4巻) を残す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつだいら‐よしなが〔まつだひら‐〕【松平慶永】
[1828~1890]幕末大名越前福井藩主。号、春岳。日米修好通商条約締結では勅許を得ることを主張、将軍継嗣問題では一橋慶喜を推したため大老井伊直弼と対立、隠居・謹慎を命ぜられた。井伊暗殺ののち許され、公武合体に尽力。維新後は議定民部卿大蔵卿を歴任。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松平慶永 まつだいら-よしなが
1828-1890 江戸時代後期の大名。
文政11年9月2日生まれ。田安斉匡(なりまさ)の8男。松平斉善(なりさわ)の養子となり,天保(てんぽう)9年越前(えちぜん)福井藩主松平家16代。中根雪江(せっこう)らを登用して藩政の改革をすすめる。将軍継嗣では一橋慶喜(よしのぶ)を擁立。安政5年大老井伊直弼(なおすけ)と対立して隠居謹慎となる。文久2年政事総裁職について公武合体につとめる。明治2年民部卿兼大蔵卿。3年すべての公職を辞した。明治23年6月2日死去。63歳。号は春岳,礫川。越前守。著作に「逸事史補」など。
【格言など】家臣の罪を蒙り候に及ばざりしは国家の幸甚に候(隠居謹慎のおり家臣にあてた書状)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつだいらよしなが【松平慶永】
1828‐90(文政11‐明治23)
幕末の福井藩主。号は春岳(嶽)。三卿の田安家に生まれ,1838年(天保9)将軍徳川家慶(いえよし)の命により相続。徳川斉昭(なりあき)の影響のもとに財政整理,西洋式兵制採用,銃砲・火薬製造,造船事業などに努力,種痘法をも積極的に採用し,藩政に治績をあげた。ペリー来航後,斉昭と親しく親戚でもあった老中阿部正弘に盛んに意見上申し,国政参加への意欲をみせた。将軍家定が凡庸多病のため,外圧に対処し国内体制を固めるには英明な将軍擁立を第一とする見解に立って,島津斉彬(なりあきら),山内豊信(とよしげ)(容堂),伊達宗城(むねなり)らと連絡し,橋本左内補佐のもと一橋派運動に努力した(将軍継嗣問題)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつだいらよしなが【松平慶永】
1828~1890 江戸末期の福井藩主。号、春嶽。日米修好通商条約の無断調印に抗し、また将軍継嗣問題では一橋派として井伊直弼と対立、安政の大獄で隠居・謹慎を命ぜられた。のち政事総裁職。幕政改革・公武合体を推進した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平慶永
まつだいらよしなが
(1828―1890)
幕末期の越前国(えちぜんのくに)福井藩主、幕府の政事総裁。元服のときにつけた雅号春嶽(しゅんがく)が通称となる。田安(たやす)家徳川斉匡(とくがわなりまさ)の八男で、1838年(天保9)11歳のとき、越前家を継ぎ、第16代藩主となった。以後20年間のうちに、中根雪江(なかねせっこう)(靭負(ゆきえ))、鈴木主税(すずきちから)らを登用し、藩政の刷新に努め、西洋砲術や銃隊訓練など軍事力の強化、藩校明道館の設立と併設の洋書習学所、種痘(しゅとう)の導入など洋学の採用も推進した。その間、1853年(嘉永6)ペリー来航に際して、海防の強化を説き、江戸湾など沿岸警備の具体策の実現を、幕府に対して積極的に働きかけた。1857年(安政4)、熊本藩士横井小楠(よこいしょうなん)を登用し、開国通商の是認に傾くとともに、13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)の継嗣(けいし)に一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を推すなど、島津斉彬(しまづなりあきら)(薩摩(さつま)藩)、伊達宗城(だてむねなり)(宇和島藩)、山内容堂(やまうちようどう)(土佐藩)らとともに、幕府主流派と対立した。1858年、大老井伊直弼(いいなおすけ)による日米修好通商条約調印と、紀伊家の徳川慶福(とくがわよしとみ)(のち14代将軍家茂(いえもち))の継嗣決定に強く抗議したため、7月、ともに動いた徳川斉昭(とくがわなりあき)はじめ、先の大名たちとともに謹慎(きんしん)処分を受け、退隠、藩主の地位を同族の茂昭(もちあき)に譲った。
 1860年(万延1)井伊直弼の暗殺後、謹慎を解かれ、さらに2年後(文久2)政界に復帰、その7月には慶喜の将軍後見職就任に続いて、政事総裁職に任ぜられて、幕政の指導的地位にたった。復権後の彼の立場は、公武合体の推進にあったが、幕府の中枢にあるとともに、1864年(元治1)には一時京都守護職に就任、朝議参予(さんよ)ともなって朝廷からも大きな信頼を受けた。1866年(慶応2)12月、慶喜が将軍職に就くが、慶永はその施政に大きな影響力をもち、一方、京都に集まった宗城、容堂、島津久光(しまづひさみつ)(斉彬異母弟)の3名とともに、参予会議の「四侯」として、公武合体による国政改革に努めた。長州攻撃の収拾や、兵庫開港の容認とその「勅許」の獲得など、年来の懸案を将軍慶喜が処理したことについては、慶永の建言・助言が大きな役割を果たしていた。大政奉還・王政復古で、新政府の議定(ぎじょう)職の一人に任命されたが、戊辰(ぼしん)内乱から、慶喜への厳しい処分が進む政界の方向に反発、1869年(明治2)民部卿(みんぶきょう)、続いて大蔵卿兼務を最後に、1870年7月、42歳でいっさいの公職を退いた。以後、自らの体験を歴史的に回顧した『逸事史補』など多くの著述をまとめた。明治23年6月、62歳で病没した。[河内八郎]
『中根雪江著『奉答紀事』(1980・東京大学出版会) ▽中根雪江著『昨夢紀事』4冊、『再夢紀事』、『続再夢紀事』6冊(1921~22・日本史籍協会) ▽川端太平著『松平春嶽』(1967・吉川弘文館) ▽『松平春嶽全集』全4巻(1939~42、第4巻のみ1973・同全集刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつだいら‐よしなが【松平慶永】
幕末の福井藩主。号は春嶽。ペリー来航後、海防・攘夷を主張。通商条約調印に反対し、将軍継嗣問題で一橋派の中心として活躍、井伊直弼により謹慎させられた。のち政治総裁職として幕政改革、大政奉還にあたった。新政府の議定、内国事務総督、民部卿・大蔵卿を歴任。文政一一~明治二三年(一八二八‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

松平慶永
まつだいらよしなが
1828〜90
幕末の越前藩主
号は春嶽。田安家出身。1838年襲封。横井小楠らを起用して藩政改革に功をあげ,将軍継嗣問題では一橋派の中心として活動,安政の大獄で隠居・謹慎処分をうける。'62年の幕政改革で政事総裁職となり公武合体に努力。'64年一時京都守護職となる。'67年大政奉還にあたり山内豊信らと徳川氏擁護につとめたが実現できなかった。王政復古で議定,のち民部卿・大蔵卿などを歴任した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平慶永」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平慶永の関連情報

関連キーワード

宇田川榕菴ベルセリウスドラクロアカションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケルメーソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.